ラヴクラフトvsニコラ・テスラ!? 撃滅系全方位シューティング『Tesla vs Lovecraft』

image7
 
かたや、交流電流、蛍光灯、その名を冠した空中放電装置「テスラコイル」など、電気に関わる様々な発明を行った技師、ニコラ・テスラ

かたや、現代でもホラー作品の題材として人気の「クトゥルフ神話」を創始した小説家、ハワード・フィリップス・ラヴクラフト

この二人による対決の火蓋が、どういうわけかゲーム上で切って落とされることとなってしまった。タイトルもずばり『Tesla vs Lovecraft』だ。

本作の開発を行ったのは10tons Ltd。
これまでに『Crimsonland』『Neon Chrome』『Time Recoil』『JYDGE』といった数々の全方位見下ろし型シューティングゲームを手掛けているデベロッパーであり、本作も同ジャンルの作品となっている。10tons作品としては初の日本語にも対応しており、これまでの同社の作品を知らない人でも心置きなくプレイすることができるだろう。

一体どうしてこうなった!?摩訶不思議な対決カード

image5
 
image6

あんにゃろうイテコマしたる!『Tesla vs Lovecraft』では、プレイヤーはテスラとして、自身の研究所を焼き払い研究成果を盗み出したラヴクラフト率いる超自然的怪異の軍勢への怒りの反撃を仕掛けることになる。

歴史上の英雄や偉人が一堂に会して戦う、という題材のゲームや漫画が人気を集めている昨今ではあるし、海外にはこの二人がタッグを組んで様々な敵に対して共闘するという漫画作品も存在するようだが、それにしても科学者と小説家が本業とは何ら関係のない武力衝突で雌雄を決するというのは無茶な話である。
 
image2
 
本作の開発者の一問一答によれば、ラヴクラフトの原作小説では科学が度々悪の根元とされていたことから着想を得たとされる。また、テスラは己の発明で宇宙との交信を試みようとしていたなどの奇行の逸話があり、その点が同時代に宇宙的恐怖を描いたラヴクラフトとつながったのだろう。

奴らを撃て!小細工無用のアリーナ・シューター

image3
 
やるべき事は単純明快。360度全方位、湧きまくる敵を撃って撃って撃ちまくるこれぞシューティングゲームと言うべきシンプルイズベストな内容だ。10tons作品の中では『Crimsonland』に近いスタイルの作品と言えるだろう。

操作はキーボードのWASDで移動しマウスで照準するFPSスタイルの操作、もしくはゲームコントローラの2本のアナログスティックをそれぞれ移動と照準に充てるツインスティック方式で行う。
 
image11
 
特殊アクションである量子テレポートを使うことで、敵や壁などをすり抜けて瞬間移動できる。単純な緊急回避だけでなく、フェンスや崖などの奥へと進んで敵を分断しながら戦うのが有効だ。テレポートは連続で3回まで使用できるが、一度使用したら再チャージまで時間が必要になる。敵の真っただ中に飛び込んだ挙句にチャージ切れで脱出できずにタコ殴りにされる、ということのないように立ち回ろう。
 
image1
 
また、ステージ開始時はピストル1丁からのスタートだが、落ちている銃器や回数制限のある攻撃用のアビリティ、アイテムなどを獲得することでパワーアップすることができる。

加えて敵を倒すことで経験値が溜まり、一定数溜まることでレベルアップし「パーク」と呼ばれる特殊能力が解禁される。パークはランダムに提示された2つの能力から1つを選択する形式となっている。こちらも有効に活用していこう。

”稲妻博士”の面目躍如、稀代の発明品の数々を見よ!

image10
 
邪神力を背景に這い寄るラヴクラフトの軍勢は質・量共に圧倒的な存在だ。
しかしテスラにもそれに対抗しうる科学力、謹製の発明品の数々がある。その中でも代表的なものが、搭乗型二足歩行機動兵器「テスラメカ」だ。…ちょっと待ちなさい。僕の知ってるテスラさんはそんなもの発明してないぞ。
 
image4
 
テスラメカはステージ中にあるパーツを6つ集めることで完成する。無敵の装甲にブースター、腕部には回転式機関砲テスラミニガンを備え、圧倒的なパワーで闇の眷属どもをひき潰していくことができる。もちろん完全に無敵というわけではなく稼働時間はせいぜい十秒程度といったところだが、メカが破壊された際の爆風に敵を巻き込んでも敵を倒すことができるのでこき使ってやろう。
 
image12
 
他にも、ショットガン、トミーガンといった銃器類に、X線ブレードやテスラの象徴ともいえるテスラコイルを設置しての放電攻撃アビリティなど、充実の武装ラインナップを取り揃えている。これらはステージを進めるごとに解禁されていく。武器とパークがうまく組み合わさればテスラ無双といえるような状況にもっていくことも可能だ。
 
image8
 
加えて「エーテルクリスタル」を入手することで新たな発明品の開発が可能となる。発明品にはテスラメカの稼働時間やテレポートの回数を増加させたり、たまにしか出てこない”エピック”なパークを出現させやすくするものなどがある。高難易度モードにあたる「エーテル界」「エルドリッチ界」へと進むごとに手強くなっていく敵に備えて増強を図っていこう。

奇抜な設定が目を引くが、全方位シューティングゲームとしてはベーシックな作りの本作。腕が痛くなるまでとにかく派手にぶっぱなしたいという人におすすめだ。

[基本情報]
タイトル: Tesla vs Lovecraft(テスラ バーサス ラヴクラフト)
制作者: 10tons Ltd
クリア時間:  8時間~
対応OS: Windows
価格: $14.99
 

↓ダウンロードはこちらから

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • image09

    真野 崇(@tacashi

    フリーゲームと共に四半世紀を生きるフリゲ馬鹿一代。
    フリーゲームのレビューブログ「自由遊戯黙示録」を経て、自身のフリゲ人生を集約した、フリーゲーム・同人ゲーム・インディーズゲームの年代記「自主制作ゲーム史論」を執筆。