フリーゲームコンテスト「WOLF RPGエディター コンテスト(ウディコン)」第8回の結果が発表

2016年7月24日より開催中のフリーゲームコンテスト・第8回「WOLF RPGエディター コンテスト(ウディコン)」の結果が、8月26日に発表された。この企画はゲーム制作ツール「WOLF RPGエディター」で作られたフリーゲーム投稿コンテストとなっており、例年数十作品のゲームが投稿される賑わいのあるイベントとなっている。

ウディコン
第8回WOLF RPGエディター コンテスト 結果発表ページ

コンテストの内容としては、応募された作品が「熱中度」「斬新さ」「物語性」「画像/音声」「遊びやすさ」「その他加点」の6部門でプレイヤーから点数で評価され、それぞれの部門別に順位が決定。それら部門別の得点などによって、総合グランプリが決定される。また、プレイヤーからの評価時に寄せられたコメントは制作者側に届くため、自分のゲームを他の人がプレイした感想も知ることが出来る。

発表された結果のうち、総合順位第6位からの1位までの作品は下記になっている。
 
ウディコン
第6位:タワーディフェンスゲーム『Defence Saviors (ディフェンスセイバーズ)』
 

第5位:サイドビューRPG『Trustia ~トラスティア~ Last Reincarnation』
 
ウディコン
第4位:RPG『ウルファールのサンプルゲーム(仮)』
 
ウディコン
第3位:電子ゲームブック 『電子ゲームブック 自由落下』
 
ウディコン
第2位:ボードゲーム×ローグライクRPG『箱庭フロンティア』
 
ウディコン
第1位:収穫アクションゲーム『収穫機道ろぼふぁーむ』
 
「WOLF RPGエディター」作者であり本企画の主催でもあるSmokingWOLF氏の総評にもあるように、コンテストの「総合順位」と「プレイヤーにとって宝物となる作品かどうか」は別物だ。投稿作品は引き続きダウンロードできるので、各々気になる作品を探してみてはいかがだろうか。

第8回WOLF RPGエディター コンテスト 結果発表ページ

もぐらゲームスでは現在ライター・編集補助を募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆・編集部作業等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。