Posts Categorized: ホラーゲーム

ランダム配置であなただけの脱出劇が描かれるフリーホラーゲーム『影廊』鳴り響く死の音色から逃げ切れるか

IMG_0262

もぐらゲームスで多く取り上げられてきたフリーホラーゲーム。中でも見下ろし型の2Dホラーアドベンチャーは根強い人気があり、ストーリーや謎解きといったホラー以外の部分にも注目された作品が多い。一方で3Dのフリーホラーゲームは、日本では開発難度の高さやコストの面などから希少なものとなっている。   『影廊』は一人称視点で進む、和風の3Dフリーホラーゲームだ。暗い屋敷の中で能面をかぶった徘徊者に捕まらない…

続きを読む

フリーホラーゲーム『666laboratory』 少女のカウンセリングから、「あなた」が生き残るアドベンチャー

image3

  ゲームは、どれほど自由度があっても、どうしても「受け身」にならざるを得ない部分がある。 ゲームを起動し、画面を表示させ、その「枠組み」にのっとってプレイする。「村人A」に自分から話しかけるところでさえ、「A」のセリフを与えられているという側面は否定できない。 通常、「会話」というのは、ゲームの基本を成す。もちろん音ゲーやパズルゲー、シューティングのように「会話がなくてもよい」ゲームはあるし、あ…

続きを読む

謎解きサスペンスホラーADV『狂い月』 積み重なった狂気を解く、「月」を巡る脱出劇

image1

  『狂い月』は2016年1月に公開された直後から、ネットの各所で話題になった作品だ。謎解きを重視したシナリオと、丁寧にツボをついたホラー演出、そして全ての謎が解かれたときのカタルシスによって、多くフリーゲームプレイヤーを驚かせた。ファンイラストも多数描かれている。     主人公「神崎満」は、クラシック曲「月の光」ばかり聞いているおとなしめな高校生だ。ある日の学校で、幼なじみで活動的な「新岡梓紗…

続きを読む

子供時代に感じた恐怖との再会 アクションADV『リトルナイトメア』

Little Nightmares リトルナイトメア_20170428195017

子供の頃は、恐怖がもっと身近にあった。建物の影、知らない道、そっと這い出てくる夜の闇。そこには得体の知れない何かが潜んでいて、じっとこちらを見つめている。そいつらに捕まったら最後、助けを呼ぶ声も届かない、誰も知らないどこかへ連れて行かれるのだと、そう信じていた。   『LittleNightmares-リトルナイトメア-』は、そんな子供時代に感じた不気味な恐怖を描いたアクションアドベンチャーだ。L…

続きを読む

フリーホラーゲーム『204に眠る』 自らの存在をさぐりつつ、無人の世界から脱出する

image00

  閉じ込められた空間から脱出する「脱出系」のゲームは、いつでも根強い人気があるものとなっている。今回は、そんな脱出系のゲームとして、2017年初頭に発表された『204に眠る』を紹介する。フリーゲームでありながら声優付きの、豪華な短編だ。      主人公の「メグミ」は気がつくと、自分の部屋の床に横たわっていた。「もうこんな時間」とリビングに降りると、父も母も、飼い猫のシーもいない。玄関も内側から…

続きを読む

『ib』『魔女の家』風のフリーホラーゲーム『ファウストの悪夢』 Steam版が配信開始

image42

4月9日、台湾のインディーゲームサークルLabORat Studioは、フリーホラーゲーム『ファウストの悪夢(Fausts Alptraum)』の配信を開始した。現在、ゲーム配信プラットフォーム「Steam」にてダウンロード可能となっている。対応言語は日本語・英語・中国語の3ヶ国語。 『ファウストの悪夢』Steamページ 本作は海外のフリーゲームでありながら、日本国内の名作ホラーアドベンチャー『I…

続きを読む

フリーホラーゲーム『ナイトメアホルン』 外れない「着ぐるみ」を被せられた主人公の脱出録

image01

さてさて、数々の名作が存在する「RPGツクール」製のフリーホラーゲームから、今回はさくっとできる短編『ナイトメアホルン』をご紹介。 おおお、なんか怖そうだ。 主人公は、なぜか着ぐるみの頭をすっぽりとかぶせられた「アクター」。鍵のかかった部屋で目覚めた彼は、同じ境遇らしい「ジャック」とともに、閉じこめられた屋敷からの脱出を目指す。     ゲーム内容としては、各部屋の謎を解きつつ、追いかけてくる異形…

続きを読む

クトゥルフ風ゴシック・ホラーADV『Amnesia: The Dark Descent』 朽ちた城の暗闇で、あなたの“正気度”が試される。

image04

今回紹介するのは『Amnesia: The Dark Descent』。PCゲームプラットフォームSteamでも高評価を得ている作品なので、ホラーゲームファンならご存知のプレイヤーも多いだろう。『Penumbra』の開発会社としても知られるFrictional Gamesが手がけた、一人称視点のホラーアドベンチャーである。 本作のゲームジャンルとしては、ゴシック・ホラーとなる。異形うごめく廃城が舞…

続きを読む

恐怖のステルス・サバイバル『2Dark』がSteamで発売中 『Alone in the Dark』制作者が手がけた作品

image02

3月10日、ステルス・サバイバルホラーゲーム『2Dark』がPC向けゲーム配信プラットフォーム「Steam」にて配信が開始された。本作を制作したデベロッパーGloomywoodには、往年の3Dサバイバル・ホラーゲーム『Alone in the Dark』を手掛けたゲームデザイナー・Frederick Raynalが所属している。 『2Dark』Steamストアページ 主人公である元探偵「ミスター・…

続きを読む

フリーホラーゲーム『ミオソティス』作りこまれた“音”の演出が巧みな恐怖の逃亡劇

イメージ220100

ホラーアドベンチャーゲームで、ポイントとなる要素といえば何が思い浮かぶだろうか? たとえば「見るも恐ろしい存在に遭遇する」といった視覚的な恐怖は、まず挙げられるように思う。しかし、目には見えなくても、どこかから不気味な存在が忍び寄ったり、何かの拍子で聞こえてくる「音」も、視覚的に知覚できないからこそ、恐ろしいものであるかもしれない。   そこで今回は、耳に聞こえる「音」の演出が非常に丁寧に作られた…

続きを読む