『Deemo』に関する新情報が台北ゲームショウにて本日公開

スマートフォン向けの音楽ゲーム『Deemo』や『VOEZ』などの開発を行う台湾のインディーディベロッパーRayarkは、1月19日から24日の期間中に開催される台北ゲームショウにて、『Deemo』に関する新情報を公開すると発表した。

発表は同会場において、1月24日の日本時間16:30~18:30に実施するRayarkの特設イベントにて行われるとのこと。

image10
『Deemo』
 
Rayarkは1月19日においても、新作となるRPG『Sdorica』の公式Twitterの開設を行っている。イベントでは『Deemo』に関する新情報に伴い、『Sdorica』に関する情報の公開も行われるようだ。立て続けに新情報を発表を行うRayarkが本日行う発表がどのようなものになるのか、期待が高まるところだ。

イメージ143525
『Sdorica』
 
(関連記事)
『Deemo』のRayarkによる新作スマホRPG『Sdorica』 公式Twitterが開設

『Deemo』iOS版:

Android版:
Get it on Google Play


もぐらゲームスでは現在ライター・編集補助を募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆・編集部作業等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。