巨大なブースを構えるチームも出現。ゲームの祭典PAX Eastで盛り上がるインディゲーム

アメリカ・ボストンで3月6日から3日間開催されたゲームの展示会PAX East。3日間で7万人以上が来場するゲームをテーマにした一大祭典だ。来場者はアメリカ国内外から集まったゲーマーたち。数多く遊べるゲームに食らいつく人たちも『League of Legend』を始めとするチーム対戦が特徴のゲームの試合に熱狂する人たちも、コスプレをしている人たちもいれば、カードゲームを遊ぶコーナーもあるといった具合に様々だ。

会場でひときわ目を引いたのは、インディゲームのコーナーだ。GDCと同様インディメガブースのコーナーでは、各開発チームが出展をしていたのだが、その数は76。大小様々な開発チームがひしめき合っていた。また、有名インディゲームはその他のコーナーにブースに出しており、開発を初めてから2週間というチームもあれば、大ヒット作を飛ばした注目のゲームまで数多くのブースが勢揃いしていた印象だ。その熱気をレポートしよう。

th_image01
 
PAXeast Indie MEGABOOTH(英語)
http://indiemegabooth.com/event/pax-east-2015/

インディゲームが当たり前になりつつあるアメリカ

参加してみて感じたのは、アメリカではインディゲームが当たり前になっているということだ。スクウェア・エニックス、ロジテックなどの巨大なブースの横にあるインディゲームのゾーンには絶え間なく人が往来し、各ブースの前は大きな人だかりができていた。

th_image04
 
ブースというよりは2人分程度のスペースしかなかった東京ゲームショウとのコーナーのサイズの違いに驚愕せざるをえない。特に昨年リリースした作品がヒットしたKlei Games(『Invisible.Inc』)、Supergiant Games(『Transistor』)、Yacht Club GAmes(『Shovel Knight』)などのブースは大きかったのが印象的だった。

th_image03
Supergiant Gamesのブース前。『Transistor』のコスプレをした人も

有名ゲームのブースや物販ではTシャツなどのグッズが販売されていたが、海外で人気のある『ゼルダの伝説』などに混ざって、『Papers, Please』、『Shovel Knight』などのTシャツも売られていた。

th_IMG_6138
『Shovel Knight』と『Transistor』のTシャツ。会場内ではTシャツが至るところで売られていた

一方で、現在開発中の開発チームも多くブースを出展していた。

Zerobyte Incは、異変の起きた世界を舞台にSkyrimのようなオープンワールドの仕組みを採用したRPG『DEAD YEARS』をわずか2人で制作している。シナリオもマルチエンディングということで、それを2人で制作していることに驚きかざるを得ないが、今年中には公開したいと意欲的だ。


『DEAD YEAR』

Vertex Popが開発中の360度STG『WE ARE DOOMED』。STGで通常使われる色遣いと一線を画したグラフィックが美しい。制作者のMobeenは、このゲームを「プレイしていてリラックスしながら遊べるSTGにしたい」と述べている。STGは一般的に早いリズムで緊張感のある展開が特徴だが、あえてリラックスというコンセプトにこだわっている。どのような仕上がりになるのか非常に楽しみだ。


『WE ARE DOOMED』

カナダのデベロッパーAsteroid Baseが製作中の協力型アクションSTG『Lovers in a Dangerous Spacetime』。こちらも一風変わったSTGになっている。ほんわかするデザインに、内部で移動できる家のような自機。このゲームでは、自機の中を移動してバリアや攻撃、移動を行っていく。しかも2人で役割分担をしなければすぐに敵弾にやられてしまうという、ほんわかなように見えてなかなかシビアなゲームだ。


『LOVERS IN A DANGEROUS SPACETIME』

日本から世界へ。日本の開発チームのブース

アメリカでのイベントということで北米の開発チームが多くはなっていたが、日本から参加した開発チームもブースを構えていた。

大学院生のもっぴん氏(@moppin)が開発中の注目作『Downwell』はPAXeastの直前まで開催されていたゲーム開発者向け会議GDCに続き、ブース出展をしていた。PC版のプレイアブルが1台とiOS版が3台で、次々と遊びに来るプレイヤーに、ブースでは1人で対応。明朗な声でゲームの紹介をしていたのが印象的だ。

th_image00
終始人が耐えなかったDownwellのブース。

『Downwell』は名前の通り、井戸を下に落ちながら戦っていくアクションゲーム。ジャンプイコール下方向への攻撃と操作もシンプルだが、モノクロと赤のグラフィック、軽快なサウンドもいずれもシンプルだ。実際にプレイしてみると、一度着地するまでの残弾数が9回と制限されていたり、道中で弾がレーザーに変わったりと、飽きのこない奥深いデザインになっている。公開は7月を予定している。

インディゲームのパブリッシング、販売を行っているPlayismは昨年に引き続き日本在住の開発者の3つのゲームを展示していた。音楽に合わせて展開するローグライク・アクション『Band Saga』、左から闇が迫ってくる強制横スクロールが特徴的なローグライクRPG『片道勇者プラス』、避けきれない弾幕を次元を回転させて避ける新感覚STG『REVOLVER360 RE:ACTOR』の3作品だ。

th_image02
Playismのブースに置いてあった3作品をまとめたのぼり

PAX Eastでは世界各国から非常に多くの魅力的なゲームが出展されており、もぐらゲームス的に一押しなソフトが多かったのだが、全てを一度に紹介することは到底できない。今後、順次レビューしていくので楽しみにしていただきたい。


  • CDvLYAMUEAAVUI8

    すんくぼ(@tyranusii

    学生時代、MMORPG「リネージュ」で朝から晩まで飽くことなきレベル上げと戦争に没頭する毎日を送る。本業では廃人卒業後、国家公務員を経て、再びゲームの世界へ。「もぐらゲームス」を立ち上げました。ハマったゲームはライブアライブ、ファイアーエムブレム 聖戦の系譜、デモンズソウルなど。
    個人ブログもやってます:もぐらかペンギンか