Posts Categorized: アクション

とってもゆるくて”SUPERかわいい”2Dアクション『SUPERゆきおんなちゃん』

super-yukionna-chan-1

暑さが極まる晩夏の時期。四の五の言っても夏の暑さは身体には堪えるもので、もしもその最中に雪が降ってくれたなら、どれだけ涼しく楽になることだろうか。しかしそんなことは季節が逆の南半球や気温が低くなる余程の高地、あるいは超常的な何かでもなければ起こり得ないことだろう。そしてその超常的な何かが成し得る存在があるのだとしたら、冷気を操る雪女というものも信じてみても良いのかもしれない。 『SUPERゆきおん…

続きを読む

”いい所取り”を極めた、王道横スクロールアクション『Kaze and the Wild Masks』

kaze_wild_masks_01

今もなお根強い人気を誇る横スクロールタイプのアクションゲーム。その人気に火を付け、爆発させたのは1985年、ファミリーコンピュータで発売された『スーパーマリオブラザーズ』だった。 以降、同系統の新作アクションゲームが発売され、特に1980年代終わりから1995年頃に発売された関連作の数々は2021年現在もなお、インディーゲーム界隈で誕生する同ジャンル作品に圧倒的な影響を及ぼし続けている。 そして、…

続きを読む

戦闘に探索、システムまで気持ちよさに全振りした、爽快アクションRPG『らせつ封魔伝』

rasetsu_fumaden_02

時は妖魔と人間、神が存在する架空の江戸時代。 強力な封魔の力を持つ鬼族の姫「羅刹(らせつ)ラキ」は、その弟子である桃之介と共に妖魔退治の旅を続けていた。 ある日、二人は異変が起きていると噂される「ヤツミ村」に訪れる。この村では、強力な力を持つ狐族が結界を張り、村と住民たちを護っていたのだが、近頃、村の近辺にも妖魔が現れるようになる事態が起きていた。護られているはずの村で何が起きているのか。真相を突…

続きを読む

デジタルワールド転生無双。レトロテイストが新しい2Dアクションアドベンチャー『Narita Boy』

narita-boy-1

レトロ・フューチャー。「過去に信じられていた未来」を示す言葉だ。空を飛ぶ車やチューブ状の建築物、あるいは気軽な宇宙旅行など、現実の未来である今には実現していないテクノロジーによる明るい未来がそこには描かれている。テクノロジーの産物であるコンピュータ・ゲームにも、かつてそんな未来を垣間見たという人は少なくないだろう。今回紹介する『Narita Boy』は”1980年代の最先端”を舞台に据えた、レトロ…

続きを読む

2Dアクション×ローグライク×ド王道ラノベ風SF!パワードスーツをまとい戦う少女の運命を描く『Metal Unit』

metal-unit-1

パワードスーツ「メタルユニット」に身を包み、エイリアンや地球内部から現れた古代の怪物と戦う少女たち。 ただの新人のはずの主人公に周りの人達がかける、思わせぶりな台詞の数々。 絶望的な状況で目覚める、主人公の秘められた力。 激化していく戦いの中で現れる、人類を裏切ったとされる主人公の姉…… そんなSFアニメやライトノベルめいた物語が展開するのが、今回紹介する『Metal Unit』。韓国のデベロッパ…

続きを読む

人生を充実させる、世紀末悪党”お掃除”アクション『HUNTDOWN』全ては賞金と島本のために!

huntdown_01

大言壮語が過ぎる見出しを失礼つかまつる。 だが、これは(意外にも)公式の売り文句なのだ。 詳細は上記のゴキゲンな紹介映像をご覧いただければと思う。 だが、これより紹介する『HUNTDOWN(ハントダウン)』は、その売り文句に恥じぬ傑作。実際に横スクロール型アクションゲーム好きの心と人生を充実させる、沢山の魅力が詰まった逸品である。 本作は2020年5月、海外先行でNintendo Switch、P…

続きを読む

百合成分濃い目のストーリーに真価あり!?ローグライク・アクションRPG『ソード・オブ・ザ・ネクロマンサー』

sw_necromancer_01

霊魂、死者を操る魔術を駆使する能力者「ネクロマンサー(Necromancer)」。主にファンタジー系の作品では、自然界や神々の法則に逆らいし者、自ら魂を与えた屍、魔物を下僕として操る者としての印象が強い。 また、別の見方では、死者を蘇らせる能力の持ち主とも言える。 そんなネクロマンサーの能力を駆使できる武器、その名も「ネクロマンサーの剣」にまつわるストーリーを描いた作品が『ソード・オブ・ザ・ネクロ…

続きを読む

明日を守るために、打つべし。地球防衛拳闘アクション『A.R.M -Absolutely Reliable Machine-』

absolutely-reliable-machine-1

拳のみを使用する格闘技「ボクシング」。その拳のみに特化した技術体系は隙の少なさから応用性が高く、長い歴史と興業の隆盛による多くの衆目によって磨きぬかれ、近現代においてボクシングの技法は汎用的な格闘術の礎ともなっている。しかしそれらは我々地球人類の想像の及ばない未知なる相手にも果たして通用するのだろうか? 『A.R.M -Absolutely Reliable Machine-』は韓国の個人デベロッ…

続きを読む

姿の見えない幽霊を捉えろ!ホラーアクションアドベンチャー『Uneven Being』

uneven-being-1

この記事を書いている時点ではもう過ぎてしまったが、10月末日といえば「ハロウィン」の季節。現世に帰ってくる死者の魂と共にやってくる悪霊を追い払うため、悪魔除けのカボチャのランタンを飾り、子供たちがお化けや魔女に仮装して「トリック・オア・トリート!」(イタズラかお菓子か)の掛け声と共に家々にねりまわる西洋の風習のひとつである。そのハロウィンにちなんでか、この時期はお化けや魔女を題材にした作品やホラー…

続きを読む

押し寄せる”大正ゾンビ”!独特要素が光る俯瞰視点ACT『大正ゾンビろまん ~地獄のプロレタリアン式バックブリーカー~』

taishou_zombie_01

1912年から1926年の僅か15年で幕を引いた時代「大正」。 近代都市の発達、経済の拡大に伴って大衆文化が花開き、後に「大正モダン」と呼ばれる時代を迎え、社会全体の洋風化が進むに至ったとされる。 洋風化……すなわち、海の向こうで生まれた”あれやこれや”が日本国内に浸透したことを意味する。それすなわち、生ける屍こと「ゾンビ」、またの名で「リビングデッド」もそのひとつとして、歴史の裏で日本人の血肉を…

続きを読む