Posts Categorized: アクション

視聴者の欲求を満たすべく、理不尽の洗礼を浴びろ。誰もがクリアできる闇深きアクションゲーム『ワンミニッツチャレンジャー』

one-minits-challenger-1

芸人による身体を張ったチャレンジ、大規模な仕掛けを施して対象を驚かせるドッキリ、軽妙な掛け合いを醍醐味とするコント。かつてのバラエティ番組は、見る者に笑いと刺激を提供するものが多かったが、時代と価値観の変化と同時にそのようなネタを展開することが困難を極めるようになり、次第にトーンを落ち着かせた内容のものが増えていった。 だがもし、更なる刺激が求められる時代になっていたら…? そんな未来の世界で誕生…

続きを読む

謎多き漆黒の幼子と共に永遠の夜の地を駆けろ。ストーリー性強めのハードコア・アクション『Light Fall』

light-fall-4

太陽が決して昇らぬ永遠の夜の地「ナンブラ」。 その環境は厳しく、生き残れるのは強き者のみ。 弱者は朽ち果てる運命にあった。 されど、隣接する国々が引き起こす戦争に疲弊した小国「カンループス」の民は、この地への移住を諦めようとしなかった。 やがて、彼らは永遠の闇に包まれた安息の地を見つけるに至る。 そして、平和と安定を手に入れたかに思われた。 しかし、カンループスの民のみならず、ナンブラ全土を葬り去…

続きを読む

悪逆非道の暴君から母星を救え!待望の日本語化を遂げた傑作”ケモノ”アクション『フリーダムプラネット』

freedom-planet-7

海の向こうの国々では、興味深いインディーゲームが続々と誕生している。 筆者がそれを強く認識するきっかけになったのは、2015年6月にアメリカで開催されたE3(Electronic Entertainment Expo)の情報を漁っていた時だった。 詳細は割愛するが、当時のE3でトリを飾った任天堂の新作発表イベントは大いに荒れた。私もそれには残念な気持ちになったが、少しでも希望の持てる情報を見つけよ…

続きを読む

妖怪を斬り倒して宙を舞い、ステージを突っ切れ!スタイリッシュ爽快忍者アクション『Ninja Striker!』

ninja-striker-5

『Ninja Striker!(ニンジャストライカー!)』はインディーゲームディベロッパー「Q-Cumber Factory」制作による、横スクロールアクションゲーム。元はiOS(iPhone、iPod Touch、iPad)用有料アプリとして、2013年4月29日にリリース。2018年4月19日には、同iOS版をベースに様々な改良と強化を施したリメイク版がNintendo Switch、PC(W…

続きを読む

重力を振り切り、創造力を解き放て。ブラジル生まれの探索型2Dアクション『Dandara』

dandara-2

日々の生活の中では、自分たちを縛るものというのは気付きにくいものである。例えば自分の体を地面に縛り付けている重力のことを、普段どれだけ気にかけることだろうか。 あるいは年を重ねるごとに凝り固まってゆく自分自身の発想の限界というものも、大いに自分自身を縛り付けていくものだ。インディーゲームの中にはそうした自分自身の発想の限界を時として飛び越えていくものがあり、それが筆者がインディーゲームを愛好する理…

続きを読む

遺跡考古学探索アクションゲーム『LA-MULANA』待望の続編、『LA-MULANA 2』配信開始

la-mulana-2-1

7月31日午前2時(※日本時間)より、遺跡考古学探索アクションゲーム『LA-MULANA(ラ・ムラーナ)』の続編、『LA-MULANA2(ラ・ムラーナ2)』がSteam、PLAYISM、GOG、Humble Storeにて販売を開始した。プラットフォームはPC(Windows、Mac)。 『LA-MULANA(ラ・ムラーナ)』は、個人のホームページ上でMSXのオマージュ作品を多く輩出していた”なら…

続きを読む

ロックマンファンの作り出したローグライク・アクションゲーム『20XX』 コンシューマ版配信開始

20xx-console-6

本日よりPlayStation 4、Nintendo Switchにおいて、ローグライク・アクションゲーム『20XX』の配信が始まった。価格はいずれも1980円(税込)。Xbox One版は1日遅れの7月11日より配信開始となる。日本語ローカライズと販売は『Salt and Sanctuary』、『Graceful Explosion Machine』と言ったインディーゲームの日本語版に携わってい…

続きを読む

ひらめきと挑戦の傑作アクションアドベンチャー『Celeste』 幾多の死を乗り越え、遙かなる頂きを目指す

celeste-10

今回紹介するゲームは、2Dアクションアドベンチャー『Celeste』。開発はMatt Makes Gamesで、過去にはマルチプレイで遊べるアクション『TowerFall Ascension』を手がけています。本作が海外大手ゲームレビューサイトで軒並み高い評価を得たことを聞いた方もいるでしょう。 しかし、誤解を恐れずに言ってしまえば、本作は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のような無限に…

続きを読む

異世界転移したおっさんとショットガンは“伝説”になる。アクションアドベンチャー問題作『Shotgun Legend』

image9

現実世界に生きる人間が何らかのトラブルに巻き込まれ、剣と魔法のファンタジー世界に送り込まれてしまう「異世界転生(異世界転移)」の題材は昨今のみならず、過去においても漫画、アニメ、ゲームで扱われ、多種多様な名作・怪作が生まれた。 ただ大抵、異世界に送り込まれる人間というのは少年か少女。 中年男性……”おっさん”が送り込まれるケースは稀だ。     今回紹介する『Shotgun Legend』は、そん…

続きを読む

影絵の街を”嵐のごとく”翔け抜けろ。タイムアタック・プラットフォーマー『ARASHI』プレビュー

image5

  今回紹介する『ARASHI』はフランス・モンペリエのVFX専門大学校「ArtFX School」の学生チームの制作による2Dアクションゲーム。Unreal Engineを用いて制作されている。 2017年12月に開催されたフランス・トゥールーズでのゲームショーで公開されたのち、2018年2月よりitch.ioにてデモバージョンがダウンロード可能となっている。 ダッシュ&ジャンプをなめらかに使い…

続きを読む