カオスを超えた2Dアクション『魔神女子』 敵の残骸を食べて“女子力”アップ、オシャレコーデに謎クイズ

image5
 
今回紹介する『魔神女子』は「ああくろいど」の制作した横スクロール型アクションゲームである。3月17日よりDLsite.comにてダウンロード販売が行われており、販売ページからは最初のボス戦までプレイ可能な体験版もダウンロード可能となっている。

先に率直に述べさせて頂くと……、いかんとも筆舌に尽くしがたい作品である。
シックな色合いのビジュアルに狂気をにじませるキャラクター、戦いのなかで失った「女子力」を宇宙人を貪り回復、戦闘中になぜか挿入されるクイズに答えて「主砲発射」で敵を倒す……と、何をどう説明しても謎は深まるばかり。

筆者の拙い文章から、魔神のごとき人智を越えた存在に出会った衝撃が多少なりとも読者の方々に伝わってくれることを願うばかりだ。

ゆけゆけぼくらの女子魔神

本作はビルの高さほどの巨大な身体を持つ女子魔神「山田院花子」を操作し、月より侵略してきた魔神軍団を撃退していく2Dアクションゲームとなっている。

操作は上下左右の方向キー、銃撃ボタン、アクションボタン、4つの解答ボタン(詳細は後述)を使って操作を行う。

image8
 
女子魔神は方向キー2度押しでのダッシュと、空中ダッシュである「お尻ジェット」を駆使することで、巨体でありながらも軽快な機動力を発揮する。

しかし後ろを振り向きたいときには「アクションボタン+後ろキー」と入力する必要があり、やや小回りは効きにくい。敵に密着されてしまうとかなり苦しくなるので、機動性を駆使した立ち回りが重要だ。

image11
 
image6
 
攻撃面では銃撃ボタンを二度押しホールドすることで、地上では上下に狙いを定められ、空中では射角を固定できる「女子エイム」を発動させることができる。

加えて、後ろ以外の方向キーとアクションボタンの組み合わせで、キックや踏みつけ攻撃をはじめとした様々な格闘攻撃を繰り出す。技のコマンド入力は隠されているので様々な操作を試してみよう。

これらの他にも地上で下キー+アクションボタンで遠くを見渡す「千里眼」を使えるほか、アクションボタン二度押しホールドで武器を廃棄し、地上下キー+アクションボタン二度押しホールドで念力で武器を引き寄せることができる。

image10
 
敵の攻撃を受けた際には体力が減るほか、手足を失ってしまうことがある。
減った体力や失った手足は時間経過で回復するが、引き換えに女子力を消費する。女子力は倒した敵の破片を食べることで回復可能だ。

女子魔神の出撃シーンや、女子魔神が敵を倒しては食らう様は、さながら大ヒットアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のそれである。女子とは、女子力とは一体……
だが自分が特撮怪獣かアニメロボットにでもなったかのように盛大に暴れまわることができるのは至極痛快であり、本作の魅力のひとつと言って間違いのない部分だろう。

”爆弾を投げるたび、きっとあなたは天才になる!!”

大正時代の写真を思わせるセピアカラーのビジュアルの街並みを背景にして、高層ビル並の巨大さの女子がマシンガンを手に、地球を侵略してきた宇宙人に対してガンファイアとグラップルで制裁を加え、あまつさえ倒した宇宙人を食す…と一息に説明してみた時点でも相応にシュールな本作だが、本作をとりわけ奇異なものにしているのが「出題機能」…すなわち画面左上部に表示されているクイズの存在である。

image1
 
クイズは英単語および地名から出題され、解答はプレイステーションのボタン表記の○×△□に対応した4つのボタンに対応付けられている。解答ボタンを押し、クイズに正答することで、なぜか女子魔神が敵に爆弾を投げつける。

image3
 
…わけがわからないと思うが安心してほしい。筆者にもわからない。

クイズに正答することで発動する爆弾攻撃は、銃撃や格闘では稼ぎ切れない手数をフォローできる頼りがいのある攻撃手段となっている。
実際に忙しく戦闘を繰り広げている最中にはクイズどころではないのだが、クイズに正解して爆弾をどんどん投げつけていかないと敵の物量に押し負けていく…というジレンマに駆られることになるだろう。

また、この爆弾攻撃は所持している武器や解答ボタンの長押しなどで内容が変化し、敵を食べ続けて画面右上の心臓マークがチャージされていれば大量の爆弾を一気に投げる「主砲発射」が行える。

解答ボタンがナチュラルにアクションの体系として組み込まれており、動作が細かく作りこまれている点もまた、なぜクイズなのかという解決されることのない疑問を引き立てている。

魔神だってオシャレしたい!ハイカラコーデで差をつけろ!

ゲーム開始時に魔神女子が登場する出撃口の位置で下キーを押し続けると、一時的に地底へと帰還することができる。

image4
 
一時帰還した際にはスコアや入手したお金アイテム、民間人への被害などに応じたボーナス・ペナルティが算出され、「お店」でのアイテム購入に充てるためのお金を入手することができる。
魔神女子の体力がゼロになり倒されてしまうと、それまで入手したお金もパーになってしまうので、出撃口付近で戦うようにしながら定期的に帰還してお金を集めていくのがよいだろう。

image7
 
お店で買えるアイテムは純粋なパワーアップや新しい武器のみならず、上から髪型、上着、手袋、眼鏡やマスク、リボンやウサギ耳などの髪飾り、下はソックスや靴にいたるまで充実のラインナップを誇る各種衣装を購入することができる。

image2
 
ゲーム内に搭載されているスクリーンショット機能は女子魔神の部分のみを透過png形式で撮影することもできるので、ぜひ服装を可憐にキメて他の画像と合成して楽しむとよいだろう。(画像はゲーム中の説明によれば「作者が文句を言わない限り自由に使用可能」とのことである)

服装以外にも、好きな画像や動画をゲーム中の背景にしたり、好きな音楽をBGMとしてランダム再生させる「劇場機能」や、クイズの出題内容を編集する、苦手問題を登録して頻出にするなど、これでもかという位の幅広いカスタマイズが可能になっている。

クイズの内容を編集しておき、他の人にプレイさせるという遊び方もまた一興、かもしれない。奇怪ながらも妥協なく作り込まれた本作、一度遊んでみてはどうだろうか。

[基本情報]
タイトル: 魔神女子
制作者: ああくろいど
クリア時間: 30分~
対応OS: Windows
価格: ¥1620

ダウンロードはこちらから
http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ196590.html


もぐらゲームスでは現在ライター・編集補助を募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆・編集部作業等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。 (ご連絡全てにお返事をさし上げることができない旨、ご理解いただければ幸いです。)
  • image09

    真野 崇(@tacashi

    フリーゲームと共に四半世紀を生きるフリゲ馬鹿一代。
    フリーゲームのレビューブログ「自由遊戯黙示録」を経て、自身のフリゲ人生を集約した、フリーゲーム・同人ゲーム・インディーズゲームの年代記「自主制作ゲーム史論」を執筆。