爽快フックアクションのフリーゲーム『ニュー・スーパーフックガール』。任天堂作品のような巧みなゲームデザインが光る

アドベンチャーゲームやRPG作品のリリースが目立つフリーゲームだが、これまでにはアクションゲームなども盛んに発表されている。もぐらゲームスでは以前に、フリーゲームの名作アクションゲームの特集も行なってきた。

フリゲはアクションも熱い!おすすめフリゲアクションゲーム10選

今回は、そんなフリゲアクションとして人気となっている『ニュー・スーパーフックガール』を紹介する。本作はUnity製のアクションゲームとなっており、フックを射出する装置『フックショット』を駆使する少女「フックちゃん」を操作し、様々なステージを攻略していくアクションゲームだ。

3月20日現在、フリーゲームのダウンロードサイト「フリーゲーム夢現」でも、週間ダウンロードランキング1位、レビューランキング2位となっており、話題を呼んでいる作品だ。

このゲームの特徴としては、なんと言ってもフックちゃんが使う「フックショット」をステージのあちこちに引っ掛け、宙を飛び、縦横無尽にステージ内を駆け巡る楽しさ。そして、ステージの隅から隅まで仕掛けが作りこまれており、それらを攻略・探索する楽しさが魅力だ。さっそく紹介していきたい。

フックショットで空を駆けろ!爽快アクション

本作の物語としては、主人公の「フックちゃん」と、妹の「ピックちゃん」が、突如いなくってしまった二人の「師匠」を探しに旅に出る物語となっている。

image05
 
ゲームの進行としては、ステージのさまざまなところに打ち込める「フック」を駆使して、縦横無尽にステージを駆け巡りゴールを目指していくもの。フックショットを手にステージを奔走するフックちゃんと、無線通信で姉をサポートするピックちゃんのコンビネーションのコンビネーションで、ステージを攻略していくことが主な内容だ。

登場するステージには、高い建物が連なる雪の降る街、広大な海原、突風の吹きすさぶ大空、機械の空中庭園……などなど、多様なステージと仕掛けが待ち構えている。どれも特徴あるステージで、攻略が楽しいものとなっている。

image07
ステージ1の「スノーマンストリート」。フックショットを片手に、雪降る街を疾走しよう

image03
ステージ攻略には、「フック」の使い方が鍵となる。壁にフックを打ち込み…

image01
空中を飛ぶように移動する!

ステージを進んでいくうちに、特定の場所に到達するとピックちゃんからの無線通信が入る。通信の内容は、攻略のヒントになる内容もあるので、参考にしてみよう。基本的には、ステージの道なりに進んでいくのが正攻法になるが、なかには思いもよらないルートからステージを攻略することも出来る。

image08
広大な海を冒険するステージ2「オリオンオーシャン」。水中の移動には、陸上とは異なる操作を駆使しよう

image06
強風の吹き荒れる空を行くステージ3「ブレイブブルースカイ」。フックショットを駆使すれば、一見行けそうもないところまで探索できる

ステージクリア時には、Twitterに自分のクリアタイムを投稿することができる。本作は多くのプレイヤーがタイムアタックを行なっているので、他のプレイヤーとクリアタイムを競い合うのも楽しみの一つだ。

image02
クリア時に表示されるTwitterアイコンをクリックすることで、クリアタイムを投稿できる

「任天堂作品」を思い出す丁寧なゲームデザイン

本作の公式紹介としては、「簡単な操作」を使って「歯ごたえのあるステージ」を攻略したい人にオススメとされており、特に『マリオ』や『ゼルダ』など任天堂作品や、アクションゲーム『海腹川背』が好きな人にぜひ遊んでほしいとされている。

筆者が実際にゲームを遊んだ際のプレイ感としては、まさにそれら作品のエッセンスを取り入れつつも、独自性が感じられるものとなっていた。特に、アクションの腕を磨いて攻略を行なう楽しみのほかに、ステージの攻略ルートや方法を自分で見つけていく面白さは、かつてニンテンドウ64でリリースされたコンシューマゲーム『スーパーマリオ64』のような「自由な攻略性」を思い出す。

image00
ステージ4「機械仕掛けの空中庭園」。複数の攻略方法が存在するので、ステージを探索して最適な攻略を見つけてみよう

image04
ステージの隅から隅までを探索することの面白さも本作の魅力だ。探索中に入るピックちゃんの無線通信も芸が細かい

ゲーム後半のステージには、攻略のためのテクニックが必要な場面も登場するが、難易度としては歯ごたえがありつつも、繰り返し挑戦すれば自然と操作方法、テクニックが身についていき、ステージクリアできるようになっている。このゲームデザインは見事の一言だ。

また、「なかなかステージがクリアできない」という人のために、制作者による公式のタイムアタック動画が公開されている。攻略に詰まったときにも大いに参考にできるものとなっているので、ぜひ見てほしい。


今回紹介した『ニュー・スーパーフックガール』だが、近日、公式サイトのオープンも予定されている。こちらも今後、チェックしたいところだ。

『ニュー・スーパーフックガール』公式サイト

筆者も本作の最終ステージまでクリア済みだが、話題性に違わぬ力作だと感じたので、アクションが好きな人も、苦手だけれど興味を惹かれた人も、ぜひとも遊んでみてほしい。

[基本情報]
タイトル 『ニュー・スーパーフックガール』
制作者 九州大学物理研究部 Qpic(制作者様サイトはこちら
クリア時間 5時間~
対応OS Windows XP/VISTA/7/8/10
価格 無料

ダウンロードはこちらから
https://freegame-mugen.jp/action/game_4501.html

もぐらゲームスでは現在ライター・編集補助を募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆・編集部作業等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。