ブラウザSFフリゲアドベンチャー『PROTOCOL』900年の彼方から想いを繋ぐ、約束の物語

image9
 
神々の機織りである織姫星が、牛飼いの彦星と出会い相思相愛になるも、二人の仲を危惧した神様に天の川で引き離され、一年に一度、七月七日にだけ会うことを許される…という七夕の伝承は、一般によく知られている物語のひとつだろう。
今回はそんな「星々を巡る想いの物語」がひとつ届けられてきたので、それを紹介したい。

『PROTOCOL』はまんまるくま氏の制作によるSFアドベンチャーゲーム。5月17日よりWebサイトにて公開されている。

Adobe Flashを使用しておりPCのWebブラウザ上でプレイすることができるが、各Webブラウザの現行のFlashへの対応状況から、WindowsではFirefox、MacではSafariが専用ブラウザとして規定されている。動作条件の詳細については公式サイトを参照してほしい。

毎日1時間の作業をコツコツと積み重ね、7年がかりで完成させた作品となっており、Flashの特性を活かしたフルアニメーション&フルボイスの力作に仕上がっている。

遠く離れた星の彼方で、物語は幕を開ける

舞台は西暦3931年、地球より16光年離れた場所にあるアルタイル星系第三惑星フォートテナール。その近郊にある探査船のドックに、宇宙を漂流していた脱出ポッドが漂着する。
やがて脱出ポッドの中からひとりの男が目を覚ますが、男は漂流の影響か、自らの記憶を失った状態となっていた。

image5
 
ドックに廃棄されていた作業艇の中から、汎用人工知能デバイス「RAY-NOARE SYSTEM 25」通称「レア」を発見し、彼女のサポートを受けて探査船の内部に入ることに成功する。
しかし探査船の中はとうの昔――およそ900年前に無人となっており、船内の各所に走るヒビや慌ただしい録音音声など、何らかの事故が起きたことをうかがわせる痕跡が数多く残されていた。

image6
 
加えてレアの内部にもアクセスすることができないメモリー領域が存在し、言うなれば部分的な記憶喪失の状態にあるという。

900年前の探査船内で何が行われていたのだろうか?そして何が起きたのだろうか?
漂流者とレアがそれぞれ失った記憶とは果たして何なのだろうか?
それらの謎を解き明かし、彼らは無事に生還することができるだろうか?

スムーズ操作の「トリガーコマンド」で宇宙船内を探索しよう

本作は画面内にあるオブジェクトをマウスでクリックして調べていくことで進行するポイント&クリック型のアドベンチャーゲームとなっている。

image3
 
最大の特色は「調べる」「開ける」「取る」「使う」などの動作をマウスホイールを回転させて選択する「トリガーコマンド」だ。
この「トリガーコマンド」により、逐一カーソルを操作してメニューからコマンドやアイテムを選択するという手間無しにワンハンドで探索に集中できるようになっており、新鮮な操作感覚をもたらしている。

image7
 
主な探索箇所はオート起動する「サーチモード」により表示されるが、サーチモードで示された箇所以外の部分もよく観察し、怪しそうな箇所は念入りに何度も調べたり叩いたりしてみることが重要だ。

image4
 
また、序盤で入手する人工知能デバイス「レア」は、様々な機器に備え付けられた「ソケット」へ接続することができる。レアは探査船内のことに詳しいので、彼女と会話したり、彼女に機器を動作させてもらうことでも道が開けるだろう。

先へ進むためのカギになるものは巧妙に隠されている。筆者のプレイ時には公式サイト内のヒントページありきでも数日行き詰まることもあった。本作の謎解きは決して生易しいものではない。

何が手掛かりとなるのか、よく見て、よく聞いて、よく考え、時には過去にも遡って情報を整理し、行動へと移していこう。
また、6月12日付のアップデートにより「ヒントモード」が搭載された。謎解きは苦手と言う人やどうしても行き詰った場合には活用してみよう。

アンドロイド・ガールに首ったけ!

本作は全部で5つのエピソードから構成されている。
そのなかでも文字通りの花形となるのが、中盤からの登場となるアンドロイドの少女の存在だ。彼女は無邪気かつ食いしん坊な性格でこちらを面食らわせてくれるが、そこがまた愛嬌ともいえる。

image1
映像投影の特技を披露して、このドヤ顔。
 
image8
たこ焼きのことを「かわいい!」と言う彼女。だが食べる。
 
image10
崩落のあったエリアでもこの調子である。お前それどこから見つけてきたの…

際限がないのでこのあたりで止めにするが、冒頭で述べた通りのフルアニメーション&フルボイスで、とにかくイキイキとした表情と仕草を見せてくれる。一方でやや頑固で寂しがり屋な側面も持っており、そんな彼女に対する「あるコマンドの使い方」も印象に残る。

image11
 
image2
 
彼女もまた探査船の事をよく知る人物として、船内の探索を進めていくうえでの良き相棒として活躍する。そして、果てしない年月の間隙をつなげる鍵として、やがて彼女自身の存在こそが探索の原動力となる時が来るだろう。

900年の彼方から想いを繋ぐ、約束の物語。その結末はどうかその目で見届けてほしい。

[基本情報]
タイトル: PROTOCOL(プロトコル)
制作者: まんまるくま
クリア時間: 8時間~
対応OS: PCブラウザ(詳細な動作条件は公式サイトにて掲載)
価格: フリープレイ

↓ゲームプレイはこちらから
http://www.geocities.jp/protocol_game/


もぐらゲームスでは現在ライター・編集補助を募集しています。 フリーゲームやインディゲームの記事執筆・編集部作業等にご興味ある方はこちらよりお気軽にご連絡ください。 (ご連絡全てにお返事をさし上げることができない旨、ご理解いただければ幸いです。)
  • image09

    真野 崇(@tacashi

    フリーゲームと共に四半世紀を生きるフリゲ馬鹿一代。
    フリーゲームのレビューブログ「自由遊戯黙示録」を経て、自身のフリゲ人生を集約した、フリーゲーム・同人ゲーム・インディーズゲームの年代記「自主制作ゲーム史論」を執筆。