ルールを破ったら死ぬアクションフリーゲーム『Tower of Heaven』。6年の時を経て日本語版がリリース!

『Tower of Heaven(天国の搭)』は、インディゲームディベロッパーのAskiisoftの開発したブラウザで遊べるアクションゲームだ。Askiisoftの作品は、一時停止を駆使しながら進む異色の死にゲー『Pause Ahead』を以前にもぐらゲームスで紹介した。

一時停止を駆使しながら進む異色の死にゲー『Pause Ahead』

こういったアクションゲームを作ってきたAskiisoftの過去作品が『Tower of Heaven』。美しいドットイラストと音楽に彩られたこのアクションゲームの日本語版が、なんと6年の時を経てリリースされた。

image01
『Tower of Heaven』公式サイト

本作は、搭を上へ上へと登っていくアクションゲーム。ゲームシステムの特徴は、そのやり応えのあるアクションステージの攻略だけではなく、「ルールを破ったら死ぬ」という独自のシステムにある。搭を登るごとに「ブロックに横から触れてはいけない」「左に歩いてはいけない」といった「ルール」が追加されていき、搭に仕込まれた罠に触れる以外にも、ルールの違反をすることで、雷に打たれて死んでしまうのだ。

image02 image00

image03
「ルール」をいかに守るかが重要になってくる

かねてから、アクションゲームとしてやり応えのある「死にゲー」として親しまれていた本作。まだ遊んでない人は、日本語化を機にプレイしてみてはいかがだろうか?作中に流れる音楽や味のあるイラストもぜひ楽しんでほしい。

『Tower of Heaven』公式サイト

Askiisoft公式サイト

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • RRhrKuW3

    poroLogue(@poroLogue

    もぐらゲームス編集長。大学在学中にフリーゲームをテーマとした論文を執筆。日本デジタルゲーム学会・若手発表会にて「語りとしてのビデオゲーム(Videogame as Narrative)」を発表。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。

    フリーゲーム作者さんへのインタビュー・レビューなど多数。フリーゲーム歴は10年半ばほど。思い出に残っているゲームは『SeraphicBlue』『Berwick Saga』。