RPG『ワタリドリ冒険記・第2部』おためし版公開など ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

インディーゲーム,フリーゲーム,連載

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間ほどのフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題は2件です。

RPG『ワタリドリ冒険記・第2部』おためし版公開

wataridori-adv-part-2-1
wataridori-adv-part-2-2
wataridori-adv-part-2-3

ミズ氏は7月16日、RPG『ワタリドリ冒険記・第2部』のおためし版を公開した。クリエイター支援サイトCi-enでの公開となっているが、支援登録などは必要せず誰でもダウンロード可能。

人々の依頼をこなして生計を立てる「ワタリドリ」として世界を旅する少女レミの冒険を描いたフリーゲームのRPG『ワタリドリ冒険記』(紹介記事)の続編。本作では舞台を「技巧都市ソレイユ」へと移しており、作者によると「前作未プレイでもゲーム内で補足などを入れていますが、プレイしていただくとよりストーリーがわかると思います」とのこと。

ゲームシステムは前作から完全に一新され、本作ではターン経過などで補充できる「カートリッジポイント」を消費し、使用すると即座に効果を発揮して続けて別の行動を選択できる「カートリッジアクション」が戦闘の要となっている。カートリッジアクションはキャラクターごとに5つまでセット可能で、またキャラクターのバトルスタイルの変更といった要素もあり、前作とはまた違ったキャラクターカスタマイズを楽しめる。

そのほか攻撃スキルはスキルごとのさまざまな条件で追撃を発生させるものが多かったり、「ルーヴズ・テン」というアイテムによりターンごとに10種類のランダムな加護効果が味方全員に発生したりと、独自の調整やシステムにより戦闘が演出されている。

アクションSTG『爆裂武装バルビークル』Nitendo Switch版リリース

vulvehicles-switch-1
vulvehicles-switch-2
vulvehicles-switch-3

Sanuk Inc.は7月20日、ASTRO PORT開発のアクションSTG『爆裂武装バルビークル』Nintendo Switch版をリリースした。8月3日まで10% OFFで購入可能。

飛行や地形破壊が可能な万能戦闘車両バルビークルを駆使してステージを攻略していく作品。高火力型、誘導兵器型、範囲攻撃型、高機動型などさまざまなタイプのバルビークル12機から3機を選び、切り替えながら進むことができる。武器も機体ごとに火炎放射や屈折サーチレーザー、バウンド手裏剣など個性的なものが揃っている。

いくつかのステージで構成されたエリアごとに出撃するバルビークルを選び直すことが可能。ただしHPが尽きて大破した機体は再出撃ができなくなるので、どの機体から投入しどの機体を温存するかといった戦略も攻略のポイントとなっている。

PC版がSteamにて昨年8月にリリースされており、Switch版ではグラフィックのHDリマスターが施された。なお、Switch版のリリースを機に、Steam版も同様のHD化アップデートが提供されている。

  • 中村友次郎(@finalbeta

    フリーゲームと同人ゲーム、日本ファルコム作品をこよなく愛するゲーム好き。システムに凝ったRPGをとくに好んでプレイします。運営型ゲームはメギド72をPvPメインで、あとは原神など。
    過去に十数年ほど、窓の杜の連載記事「週末ゲーム」の編集と一部執筆を担当していました。