ハクスラTPS『星樹の機神 ユニティユニオンズ』Steam配信開始、和風ファンタジーRPG『剣閃神姫誅伐伝』公開など ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。

ハクスラTPS『星樹の機神 ユニティユニオンズ』Steam配信開始

unity-unions-1 unity-unions-2 unity-unions-3

ゲームサークル電猫遊戯は5月16日、ハクスラTPS『星樹の機神 ユニティユニオンズ』のSteam配信を開始した。同サークルの「星樹の機神」シリーズの最新作で、初リリースは2019年末のコミックマーケット97。

宝石魔術師見習いの少女コロナと、少年の姿をした「機神」アークトゥルスが出会うことから物語が展開していく作品。同時に3種類装備して切り替えられる杖によるショットや、錬成することでお供として射撃や防衛などを行ってくれる「ミニオン」などを駆使して、大量に出現する敵群を蹴散らしていく爽快感のあるプレイが特徴となっている。

杖は攻撃方法や射程、装填数、リロード時間などが異なる全32種類が用意されており、ランダムにドロップする。性能の強化や特殊な能力の追加といった特性がランダムに付与され、合成によって好きな杖に特性を引き継げるという収集要素もポイントだ。

なお5月末まで、本作の動画配信をする人の募集が行われている。希望者にはSteamキーが送られるとのこと。

ノンフィールド和風ファンタジーRPG『剣閃神姫誅伐伝』公開

kensenshinki-1 kensenshinki-2

anubis氏(Hollow_Perception)は5月15日、ノンフィールド和風ファンタジーRPG『剣閃神姫誅伐伝』をフリーゲームとして公開した。公称プレイ時間は6時間前後。

神話の時代に神々から地上を託された人間と、その敵である亜人族「羅刹」の戦いが続く世界を舞台とした作品。復讐のため羅刹を斬り続ける武士「影時」が、神話に登場する女神「天剣姫神」と同じ容姿の少女「零亞」と出会うことから物語が展開していく。

ゲームは主にノベルパートとノンフィールドの探索パートで進行。戦闘は敵味方が入り混じって順次行動するCTB型で、使用後の待機時間がない技により連続行動ができるシステムが特徴。敵の行動を挟まず連続で攻撃を重ねることにより技の効果量を上げられるコンボ的な要素もポイントとなっている。

また、零亞は「ボスも含め全ての敵を即死させる奥義」と「全滅時に“死を切断”することで全滅を回避して戦闘を続行可能にする能力」を使用できるのも特徴。ただし使用時には「天命(寿命)」を消費し、これは回復する手段がないためゲーム中を通して使える回数に限りがある上、天命の値で物語の結末が分岐するマルチエンディングとなっている。

『ファタモルガーナの館 Novectacle Collection』リリース

novectacle-collection-1 novectacle-collection-2

Novectacle(ノベクタクル)は5月22日、『ファタモルガーナの館 Novectacle Collection』をリリースした。NovectacleのBOOTHやアニメイト、とらのあなの店舗および通販で購入可能。

これまでNovectacleからリリースされた全作品を収録した、ディスク2枚組のパッケージ。代表作であるノベルゲーム『ファタモルガーナの館』の本編および外伝のほか、設定上の繋がりはないがスターシステム的に『ファタモルガーナの館』のキャラクターが登場するスピンオフ作品『霧上のエラスムス』『セブンスコート』を収録。ディスク2枚目はBlu-ray Discで、2017年に開催されたライブイベントの映像を収録する。パッケージイラストは描き下ろしで、15ページのミニ画集が付属する。

すべてのゲームタイトルがリマスター&リメイクされ、最大4K画質の高画質でプレイ可能。ショートストーリーや舞台裏、アートギャラリー等の特典コンテンツも収録している。『ファタモルガーナの館』コンシューマ版の追加要素である後日談「現代編」は含まれないものの、Novectacle自身からリリースされた作品を網羅した、集大成と言えるような内容となっている。

PLAYISM、9周年記念パブリッシャーセール開催

PLAYISMは5月20日、5月11日に9周年を迎えたことを記念し、Steamにてパブリッシャーセールを開始した。期間は5月27日午前2時まで。対象タイトルが最大で80% OFFとなる。また、ニンテンドーeショップでもPLAYISMパブリッシングのNintendo Switch作品のセールが27日まで開催されている。

以下、セール対象の中からもぐらゲームスで紹介・レビュー記事を掲載した作品をピックアップしてご紹介する。参考にしていただければ幸いだ。

記事:メトロイドヴァニアのツボを押さえた『Momodora:月下のレクイエム』は美しくもダークな夜想曲

記事:”狂い咲く”熾烈な戦闘が魅力の探索型アクションにして、東方Project二次創作作品『Touhou Luna Nights』

記事:全ての冒険と物語、決断は己の意志がままに。フリーシナリオRPG『ARTIFACT ADVENTURE 外伝DX』

記事:リソース管理型ノンフィールドRPG『箱舟のノワール』 “幸運”を捧げて極限状況を生き延び、真相を解き明かせ

記事:可愛らしい少女たちによる、血生臭い抗争劇を描くクライムサスペンスRPG『Orangeblood』

記事:クッキークリッカーライクな自動探索型RPG『マジックポーション・エクスプローラー』。はた迷惑なダンジョンを薬の力(?)で踏破せよ!


  • finalbeta-logo-icon-white

    中村友次郎(@finalbeta

    フリーゲームと同人ゲーム、日本ファルコム作品をこよなく愛するゲーム好き。システムに凝ったRPGをとくに好んでプレイします。スマホRPGは「メギド72」激推し。
    過去に十数年ほど、窓の杜の連載記事「週末ゲーム」の編集と一部執筆を担当していました。