RPG『イリスのゲーム』クリア後ダンジョン追加のver2.0公開、SRPG『木精リトの大樹錬世記』完結など ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題は5件です。

RPG『イリスのゲーム』バージョン2.0公開

iris-game-ver2-1 iris-game-ver2-2

KEN氏は12月5日、フリーゲームとして公開中のRPG『イリスのゲーム』の大型アップデートとなるバージョン2.0を公開した。

主人公のイリスが仲間と共に、魔王城の最奥を目指すという作品。ユニークな能力を持つ仲間達から任意のメンバーを選んでパーティを組み、ランダム生成されたダンジョンを攻略していく。通常攻撃が存在せず、多彩なスキルを駆使して戦う戦闘も特徴(紹介記事)。

バージョン2.0では、従来の最終フロアをクリアしたあとに解放される追加ダンジョンが実装。スキルの追加・削除や性能変更といった大幅なバランス調整も行われている。また、仲間同士の会話イベントの追加、キャラクターごとのストーリーの加筆、修正も行われるなどシナリオ面でも大幅なアップデートが施された。

SRPG『木精リトの大樹錬世記』完結

rito2-final-1 rito2-final-2

Lemon sliceは12月6日、今年1月の公開以来アップデートでストーリーを追加してきたフリーゲームのSRPG『木精リトの大樹錬世記』の、完結版となるバージョン1.00を公開した。ダウンロード版およびブラウザ版が用意されている。公称プレイ時間は約15時間。

世界の崩壊に巻き込まれ異世界で目覚めた少女リトが、マナから望んだものを創り出す技“錬世術”を使って人々を助けながら成長していくという作品。幅1マスの道で構成されたマップが特徴で、「ライン・タクティクス・バトル」と謳われている。進軍の要素が単純化されている一方、前衛が道を塞いで後衛を守ったり、曲がりくねった道で遠距離攻撃を活用するといった独自の戦略要素を演出するシステムとなっている。

「第24回3分ゲーコンテスト」作品公開開始

短編フリーゲームのコンテスト「第24回3分ゲーコンテスト」の応募作品の公開が開始された。一般投票により順位が決められ、投票期間は12月20日まで。

「3分ゲーコンテスト」は、1プレイ3分程度のゲームを対象としたフリーゲームのコンテスト。2004年より休止期間を挟みつつ開催されており、第21回以降はやれやれ氏が運営を行っている。

なお、コンテスト参加作品として、やれやれ氏のカードゲーム『パティスリーカード』も公開されている(主催者作品のため投票対象外)。4枚の手札で論理戦を行う『キャバレーフォーカード』(紹介記事)の続編で、今回は「だす」「ださない」「最後の一枚」という3種類のカードによる3枚の手札を使って、カードを場に出せる条件を更新しながら手札を減らしていくゲームとなっている。無料で遊べるブラウザ版のほか、アナログゲーム版も販売されている。

patisserie-3card
『パティスリーカード』

「Cresteaju オリジナルサウンドトラック 2020」配信開始

「Cresteaju オリジナルサウンドトラック 2020」の配信が開始された。iTunes Storeやmoraなどの各種配信サイトで購入可能。

今年9月にNintendo Switch版も発売されたフリーゲームのRPG『Cresteaju』(関連記事)のサウンドトラック。Nintendo Switch版の追加楽曲も収録されている。

『スーパーフックガール』サントラ配信開始

STUDIO HOOKSHOTは、『スーパーフックガール』シリーズのサウンドトラック2作品のダウンロード配信およびサブスクリプションサービスでの配信を開始した。2018年~2019年にイベントでCD版が頒布された作品のデジタル版となる。

配信開始となったのは、横スクロールアクションゲーム『ニュー・スーパーフックガール』とアドベンチャーゲーム『スーパーフックガール外伝』のBGM全曲および未使用曲を収録した「マジカルメロディー – スーパーフックガール オリジナルサウンドトラック」と、『ニュー・スーパーフックガール』BGMアレンジコンピレーションアルバム「秘密の演奏会 – ニュー・スーパーフックガール アレンジアルバム」の2作品。


  • finalbeta-logo-icon-white
    中村友次郎(@finalbeta

    フリーゲームと同人ゲーム、日本ファルコム作品をこよなく愛するゲーム好き。システムに凝ったRPGをとくに好んでプレイします。スマホRPGは「メギド72」激推し。
    過去に十数年ほど、窓の杜の連載記事「週末ゲーム」の編集と一部執筆を担当していました。