“ファタモル”のNOVECTによる完全新作となる探偵・犯人マルチ視点推理ADVが発表など ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題は5件です。

NOVECT完全新作、プロジェクトコード“M”発表

project-code-m-1
project-code-m-2
project-code-m-3

サスペンスノベルゲーム『ファタモルガーナの館』などの開発元として知られるNOVECT(旧名Novectacle)は5月13日、完全新作の推理アドベンチャーゲームとしてプロジェクトコード“M”を発表した。正式なゲームタイトルは今後発表予定。合わせてティザーサイトおよびティザートレイラーも公開されている。

プロジェクトコード“M”は、殺人鬼と探偵、2つの視点から連続殺人事件を追う推理アドベンチャーゲーム。ゲームは探偵パートに殺人パートと大きく2つに分かれており、探偵パートはマップを移動して調査や聞き込みを行う伝統的なアドベンチャーゲームスタイルで事件の謎を追う。

一方で殺人パートはプレイヤーが殺人犯となり、遠隔密室殺人の完遂や遺書の偽装など、さまざまな完全犯罪を計画して実行する特殊なゲームパートとのこと。公称ジャンルは「殺し、解く 推理アドベンチャー」とされている。

舞台は現代日本の東京下町で、日本の裏社会も含むダークサイドを描きつつ、総勢20を超える魅力的なキャラクターたちと共にストーリーの謎を追っていくという。

また同日、本作のオープニングテーマ曲「屠所の羊(英名:The Sheep in the Slaughterhouse)」の配信が各種ストリーミングサービス等で開始された。音楽家の堤裕介氏に歌手tetem.氏と、『ファタモルガーナの館』の音楽にも参加したメンバーによる楽曲となっている。

アクションRPG 『ASTLIBRA Revision』体験版更新

astlibra-revision-trial-1
astlibra-revision-trial-2

現在開発中の横スクロール2DアクションRPG『ASTLIBRA Revision』の体験版が更新された。Steamにて配信されている。

『ASTLIBRA Revision』は、KEIZO氏が2021年2月にフリーゲームとして公開した『ASTLIBRA ~生きた証~』の完全版という位置付け。魔物の襲撃により幼馴染の少女と生き別れた主人公の数々の冒険を描いた作品で、多彩な武器による攻撃やガード、シールドバッシュ、魔法のような攻撃スキルなどを駆使して戦う、爽快感のあるバトルも特徴。

フリーゲーム版からの変更点としてはワイド画面および高解像度に対応するほか、グラフィックデザイナーのシガタケ氏によるキャラクターリファイン、イラストレーターの龍渕はく氏による大型モンスターデザイン、キャラクターの操作感の更新などさまざまな要素追加・調整等が施されている。

今回の更新では、主人公のモーション2倍加による滑らかな動作やレベルアップ時のパラメータ割り振りシステム、ジャンプ中に下+攻撃で繰り出せる落下攻撃「カブトクラッシュ」の実装などが施されている。

ADV『Type & Hope!!』公開

type-and-home-1
type-and-home-2

せがわ氏は5月8日、アドベンチャーゲーム『Type & Hope!!』をフリーゲームとして公開した。

二つ名を授かる「異称の儀」を迎えることになった魔法使いの少年が、7人の専門家から教えを受けていくという作品。それぞれの勉強の進行度によって発生するイベントやエンディングが変化する。勉強の際はタイピングで進行するのも特徴。

ノベルゲーム『おおきく澄みわたる、あの宇宙へ』ティラノスクリプト版公開

oosumi-1
oosumi-2

少年舎は5月5日、 ノベルゲーム『おおきく澄みわたる、あの宇宙へ』のティラノスクリプト版を無償公開した。

『おおきく澄みわたる、あの宇宙へ』は、国際紛争のために宇宙開発の禁じられた近未来を舞台に、少年少女達が種子島でロケット作りに挑戦する物語。連作として制作が進められており、2014年から2016年にかけて第1部(Mission1~5)が展開されていた。

今回は、ノベルゲームエンジン「吉里吉里」で制作されていた第1部がティラノスクリプトに移植。演出やシステムがアップデートされている。また、今後展開予定の第2部は、こちらのティラノスクリプト版をアップデートする形で展開していくとのこと。

3Dアクションシューティングゲーム『リトルウィッチノベタ』正式リリース日決定・PV公開

5月13日、Pupuya GamesおよびSimon Creative開発の3Dアクションシューティングゲーム『リトルウィッチノベタ(Little Witch Nobeta)』の正式リリース日が9月29日となることが発表された。合わせて4月末に30秒バージョンが先行公開されていたプロモーション映像のフルバージョンが公開されている。

『リトルウィッチノベタ』は、小さな魔女「ノベタ」を操作し、元素魔法と近接戦闘スキルを駆使して「生魂人形(ソウルドール)」が蔓延る危険な古城を探索していく作品。現在はSteamにて早期アクセスが実施されており、今回正式リリース日が発表された。プラットフォームはSteam/PlayStation 4/Nintendo Switchが予定されている。


  • finalbeta-logo-icon-white
    中村友次郎(@finalbeta

    フリーゲームと同人ゲーム、日本ファルコム作品をこよなく愛するゲーム好き。システムに凝ったRPGをとくに好んでプレイします。運営型ゲームはメギド72をPvPメインで、あとは原神など。
    過去に十数年ほど、窓の杜の連載記事「週末ゲーム」の編集と一部執筆を担当していました。