パズルアクションゲーム『さかだちの街』体験版公開など ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間ほどのフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題は3件です。

パズルアクションゲーム『さかだちの街』体験版公開

invercity-trial-1
invercity-trial-2
invercity-trial-3

丸ダイスが開発中のパズルアクションゲーム『さかだちの街(Invercity)』の体験版がSteamにて公開された。

ものが空に落ちてしまう「サカダチ落下現象」が起きた街で、さかだち大好きなレポーターのウララが街のあちこちを取材しながら、サカダチ現象の謎を追っていくという作品。ステージ上にあるものへの重力が逆になる「さかだち」と、モニターがひっくり返ることで“さかだち”をしていたはずが“ぶら下がっていた”ことにすり替わる「サカサマ放送」を駆使してパズルを解いていく。

ノベルゲームエンジン「Light.vn」バージョン13.4公開

ノベルゲームエンジン「Light.vn(ライト・ヴィエン)」のバージョン13.4が公開された。

ビジュアルノベル系作品の制作に適したスクリプト型のゲームエンジン。専用エディターが用意されており、エディター上でのリアルタイムプレビュー機能が大きな特徴となっている(紹介記事)。

バージョン13.4では、3D空間上の衝突判定機能が追加され、エディターでは3D舞台の作成を楽にするカメラ機能の拡張が施された。また、サンプルゲームでは2D素材を使った3Dミニゲームの構築例が追加されている。

「ゲームクリエイターズラボオーディション Vol.2」募集開始

株式会社講談社のインディーゲーム制作支援プロジェクト「講談社ゲームクリエイターズラボ」にて10月3日、「ゲームクリエイターズラボオーディション Vol.2」の募集が開始された。

ラボメンバーに選出されることで年間最大1,000万円が支給されることで知られるプロジェクト(初回募集時のインタビュー記事)。今年7月のリニューアルより「ゲームクリエイターズラボオーディション」として募集が年1回から年4回へと増加した。今回はその2回目で、応募期間は2023年1月10日まで。


  • finalbeta-logo-icon-white
    中村友次郎(@finalbeta

    フリーゲームと同人ゲーム、日本ファルコム作品をこよなく愛するゲーム好き。システムに凝ったRPGをとくに好んでプレイします。運営型ゲームはメギド72をPvPメインで、あとは原神など。
    過去に十数年ほど、窓の杜の連載記事「週末ゲーム」の編集と一部執筆を担当していました。