Posts Tagged: この筆者(シェループ)が書いた他の記事を読む

オセロから着想を得た、ユニークなシステムが魅力のカジュアル・アクションパズル『HASANDE PON! -はさんでポン!-』

hasande_013

白と黒の石を交互に盤の上へ挟むように打ち合っていき、最終的にひっくり返した色の多い側が勝利となる「オセロ」。その起源は19世紀のイギリスで考案・誕生した「リバーシ」であるとか、考案者を名乗る人物が中学生時代に囲碁を基に生み出した遊びであるなど、所説あってハッキリしないが、将棋、囲碁に並ぶ歴史あるボードゲームなのは間違いない。 今回紹介する『HASANDE PON! -はさんでポン!-』は、そんなオ…

続きを読む

長編フリゲRPG『デイドリームリバー』。一つの凄惨な事件を機に幕を上げる、恐怖と混沌の宴。

daydreamriver_018

石川県金沢市「香林(こうりん)中学校」。 夏休みを間近に控えたこの学校である朝、一人の男子生徒の死体が発見された。 学校中が騒然となる中、死亡した生徒と同じ学年の籏崎健斗(はたざきけんと)、伊沢京介(いさわきょうすけ)は前日の深夜、彼から電話がかかってきていたことに気付いた。留守番電話を再生すると、そこには彼が死に至るまでの様子を生々しく伝える音声が残されていた。只ならぬ気配を感じた二人は、部活動…

続きを読む

もぐらゲームス執筆陣の選ぶ 2018年おすすめフリゲ・インディゲーム15選

freegame-indiegame-rec-2018-eyecatch

さまざまなフリーゲーム・インディーゲームが登場した2018年、みなさんはどんなゲームをプレイしただろうか? 2019年が明けてまだ間もないこの時期、これから遊ぶゲームを探し始めている人もいることだろう。今回は、そんな読者の方々に向けて、もぐらゲームスの執筆陣が、2018年にプレイしたゲームの中で特におすすめできるフリーゲーム・インディーゲーム15作品を一挙特集する。 各執筆者が2018年に遊んだ中…

続きを読む

MSXの限界を追い求める伝説的な人物による新作にして、ユーモアたっぷりの探索アドベンチャー『タロティカ・ブードゥー』

tarotica_08

1983年、マイクロソフトとアスキー(現:アスキー・メディアワークス)が提唱した8~16ビットのパソコン共通規格「MSX」は、テレビに接続できる低価格のパソコンを目指して設計され、ROMカートリッジによる機能拡張という特徴的な機能も宿していたことから、国内のゲームメーカーから多種多様なゲームソフトが発売された。 そして当然ながら、パソコンということで、プログラミング機能も標準搭載。BASIC、アセ…

続きを読む

よるしかあそべない、ふしぎなあーるぴーじー『ヨルダケ』 こんやも、さまようあにをおいかけます。

yorudake_07

人、動物の睡眠規則が乱れることに起因して生じる睡眠障害の一つに、「睡眠時遊行症(すいみんじゆうこうしょう)」がある。別名「夢遊病(むゆうびょう)」と呼ばれるこの病気は、睡眠中に発作的に起こる異常行動で、無意識の状態で起き、歩いたり、何かを行った末に再び眠りに着くが、その間の出来事の記憶がない状態ことを言う。その時間は数十秒から30分以上に及ぶことがあり、特に子供によく見られる。 しかし、成人して以…

続きを読む

見た目以上に熱い展開目白押しのフリゲSTG『VASTYNEX』。五つの武装を駆使して、変形を繰り返す”ヤツラ”を撃ち落とせ!

vastynex-2

近年、個人によるゲーム制作は専用ツールの増大、ゲームエンジンの普及も相まってハードルが下がりつつある。シューティングゲームも2007年頃、個人制作のフリーソフトとして配布された『Shooting GameBuilder(シューティングゲームビルダー)』によってハードルが大きく下がり、誕生から10年以上が経過した現在も継続的なアップデートを実施して機能を拡張し続けているほか、凝った作品も制作されるな…

続きを読む

王道と革新の異なるSTGが楽しめる、一粒で二度美味しい魅力が詰まった『VRITRA Complete Edition』

vritra-ce-15

神々により施されたはずの封印が破られた。 それと共に姿を現した、天地を覆う悪意と恐れられる邪竜「ヴリトラ」。 ヴリトラ復活により、世界は邪悪なる生物と絶望に覆われ、朽ち果てようとしている。 宿敵の気配を感じた英雄神「インドラ」は宝具「ヴァジュラ」を抱え、下界へ向かう。 古より幾度となく繰り返された、神々の戦いの幕がここに開く。 『VRITRA Complete Edition』は、神奈川県横浜市に…

続きを読む

デジゲー博2018で見つけたおすすめ同人・インディゲーム10選+『アクションゲームツクールMV』トークセッションレポート

digigame-expo-2018-1

2018年11月4日、同人・インディーゲームの頒布イベント「デジゲー博」が東京・秋葉原UDXにて開催された。 6回目の開催となる今年も秋葉原UDX2階「AKIBA SQUARE」および4階「UDXギャラリーNEXT」に会場をまたがり、のべ270にも及ぶ出展者が展示を行っていた。 本記事では取材陣が気になった同人・インディゲームを10作品紹介する。読者の皆さんも気になった作品があればぜひチェックして…

続きを読む

新しくも懐かしく、(何故か)RPGの匂いもするドイツ生まれの個性派STG『Rigid Force Alpha』

rigid-force-alpha-7

1987年、アーケードゲームとして誕生したアイレム制作の横スクロールシューティングゲーム『R-TYPE』は日本のみならず、海外でもヒットし、家庭用ゲーム機、パソコンへの移植が盛んに実施された。 その中でもドイツで制作されたコモドール64、Amiga版は、『R-TYPE』ソックリな模造品を作って販売したコンピュータマニアの5人グループが、本物の販売を請け負ってた会社に技術力の高さを買われて作り上げた…

続きを読む

視聴者の欲求を満たすべく、理不尽の洗礼を浴びろ。誰もがクリアできる闇深きアクションゲーム『ワンミニッツチャレンジャー』

one-minits-challenger-1

芸人による身体を張ったチャレンジ、大規模な仕掛けを施して対象を驚かせるドッキリ、軽妙な掛け合いを醍醐味とするコント。かつてのバラエティ番組は、見る者に笑いと刺激を提供するものが多かったが、時代と価値観の変化と同時にそのようなネタを展開することが困難を極めるようになり、次第にトーンを落ち着かせた内容のものが増えていった。 だがもし、更なる刺激が求められる時代になっていたら…? そんな未来の世界で誕生…

続きを読む