Posts Tagged: この筆者(シェループ)が書いた他の記事を読む

「東京ゲームショウ2018」注目のインディーゲーム6選

tgs2018-indiegame-1

9月20日から23日にかけて開催された「東京ゲームショウ2018」。今年はインディーゲームコーナーが昨年度以上のスペースで開設され、多種多様な作品を遊ぶことができた。更に一般ブースでも様々なインディータイトルが出展され、昨今、特にNintendo Switchでのヒット作の続出から、国内での関心が高まっていることを実感させる光景が広がっていた。 昨年に引き続き、今年も東京ゲームショウで注目のインデ…

続きを読む

謎多き漆黒の幼子と共に永遠の夜の地を駆けろ。ストーリー性強めのハードコア・アクション『Light Fall』

light-fall-4

太陽が決して昇らぬ永遠の夜の地「ナンブラ」。 その環境は厳しく、生き残れるのは強き者のみ。 弱者は朽ち果てる運命にあった。 されど、隣接する国々が引き起こす戦争に疲弊した小国「カンループス」の民は、この地への移住を諦めようとしなかった。 やがて、彼らは永遠の闇に包まれた安息の地を見つけるに至る。 そして、平和と安定を手に入れたかに思われた。 しかし、カンループスの民のみならず、ナンブラ全土を葬り去…

続きを読む

妖怪を斬り倒して宙を舞い、ステージを突っ切れ!スタイリッシュ爽快忍者アクション『Ninja Striker!』

ninja-striker-5

『Ninja Striker!(ニンジャストライカー!)』はインディーゲームディベロッパー「Q-Cumber Factory」制作による、横スクロールアクションゲーム。元はiOS(iPhone、iPod Touch、iPad)用有料アプリとして、2013年4月29日にリリース。2018年4月19日には、同iOS版をベースに様々な改良と強化を施したリメイク版がNintendo Switch、PC(W…

続きを読む

理不尽な出来事を乗り越え誕生した、脳がかき乱される野心的STG『Dimension Drive』

dimension-drive-9

クラウドファンディングサイト「kickstarter(キックスターター)」はインディーゲーム制作者の間でも活用され、これまでに数多くのプロジェクトが立案されては資金調達に成功し、革新的で時に懐かしさも秘めた色とりどりのゲームが誕生してきた。 だが、光あるところ影あり。その裏には資金調達に失敗し、見果てぬ夢に終わったプロジェクトも数多く存在する。今回紹介する『Dimension Drive』も実はそ…

続きを読む

Nintendo Switchで探して掘り出す、良作インディーゲーム六選

switch-indiegame-panpan-2

2017年3月3日に発売された任天堂の新型家庭用ゲーム機『Nintendo Switch』は、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』、『スプラトゥーン2』、『スーパーマリオオデッセイ』と言った人気作の後押しもあり、1年近く品薄が続くほど好評を博し、国内での販売台数は400万台、世界累計では1000万台の記録的なヒットを達成するに至った。 そんなNintendo Switchで今、大きな賑わい…

続きを読む

遺跡考古学探索アクションゲーム『LA-MULANA』待望の続編、『LA-MULANA 2』配信開始

la-mulana-2-1

7月31日午前2時(※日本時間)より、遺跡考古学探索アクションゲーム『LA-MULANA(ラ・ムラーナ)』の続編、『LA-MULANA2(ラ・ムラーナ2)』がSteam、PLAYISM、GOG、Humble Storeにて販売を開始した。プラットフォームはPC(Windows、Mac)。 『LA-MULANA(ラ・ムラーナ)』は、個人のホームページ上でMSXのオマージュ作品を多く輩出していた”なら…

続きを読む

ロックマンファンの作り出したローグライク・アクションゲーム『20XX』 コンシューマ版配信開始

20xx-console-6

本日よりPlayStation 4、Nintendo Switchにおいて、ローグライク・アクションゲーム『20XX』の配信が始まった。価格はいずれも1980円(税込)。Xbox One版は1日遅れの7月11日より配信開始となる。日本語ローカライズと販売は『Salt and Sanctuary』、『Graceful Explosion Machine』と言ったインディーゲームの日本語版に携わってい…

続きを読む

台湾産ホラーアドベンチャー『返校 -Detention-』 歴史の闇を映し出す、恐ろしくも心に残るストーリー

image4

何を今更な話だが、恐怖(ホラー)を題材とした作品は怖い。耐性のない人が見れば心に重篤なトラウマが植え付けられ、生涯忘れられない記憶になり得る一種の劇物だ。だが、ストーリーには魅力的なドラマや設定が隠されていることが多く、その面白さから名作として評価されている作品は多い。それ見たさに作品を楽しむ人も少なからず存在するほどだ。     今回紹介する『返校 -Detention-』もストーリーに大きな魅…

続きを読む

「TOKYO SANDBOX 2018」で見つけた注目のインディゲーム10選

image9

  4月14日・15日の二日間にかけて、インディーゲーム展示イベント「TOKYO SANDBOX 2018」が開催された。 ゲーム開発者と投資家・パブリッシャ―を結びつけるイベントとして、2015年に開催された「東京インディーフェス」より数えて今回で3回目の開催となる。今年は昨年までの秋葉原UDXから浅草橋フューリックホールへと会場を移し、のべ72組によるゲームの展示が行われ、会場内は様々なゲーム…

続きを読む

異世界転移したおっさんとショットガンは“伝説”になる。アクションアドベンチャー問題作『Shotgun Legend』

image9

現実世界に生きる人間が何らかのトラブルに巻き込まれ、剣と魔法のファンタジー世界に送り込まれてしまう「異世界転生(異世界転移)」の題材は昨今のみならず、過去においても漫画、アニメ、ゲームで扱われ、多種多様な名作・怪作が生まれた。 ただ大抵、異世界に送り込まれる人間というのは少年か少女。 中年男性……”おっさん”が送り込まれるケースは稀だ。     今回紹介する『Shotgun Legend』は、そん…

続きを読む