Posts Tagged: この筆者(シェループ)が書いた他の記事を読む

あなたの言語野の限界に挑んで鍛える、革新的”ことばのパズル”RPG『ベビーシッター2XXX』

babysitter2XXX_01

なるほど、ベビーシッター。 赤ちゃんをあやすゲームか。 それも近未来の世界で。 という具合にタイトル画面から想像できる本作『ベビーシッター2XXX』だが、赤ちゃんをあやす要素など無いに等しいロールプレイングゲーム(RPG)である。 またの言い方で、3文字で敵を殺すRPG。 物騒すぎると言われても仕方がない。 本作は次のようなオープニングと共に始まるからだ。 3文字の”コトダマ”で戦うRPG その昔…

続きを読む

『When the Past was Around』それはある女性の愛と喜び、挫折と傷心を描いたポイント&クリックADV

wtpwa_01

20代前半の女性「エッダ」。 彼女は同じ年頃の人々のように、行き先を見失っていた。 夢を志すも、道に迷っていた。 愛と幸せを探すも、迷子になっていた。 フクロウ頭のその男性と出会うまでは。 男性は彼女の情熱を後押しした。 人との関わりに刺激を見出す支えになった。 そして、彼女に”傷心”という感情を教えた。 『When the Past was Around』は、インドネシア・スラバヤの独立系ゲーム…

続きを読む

貴方は全ての断片を拾い切れるか。自発的に謎を明かす姿勢が問われる骨太探索ADV『断片思想』

danpen_02

青くて黒い怪物たちに襲われ、罵倒される少女ヴィネア。 彼らを振り切るよう逃げ続けた彼女は、いつしか館の地下室で目覚める。 そこに住む”みんな”は、ヴィネアのことをよく知っている素振りを見せる。 だが、ヴィネアは”みんな”のことを少しも知らない。 そもそも、自分のことすら覚えていなかった。 やがて、ヴィネアの前に謎の少女が現れ、館に滞在し続けるためには何らかの”役割”を持たねばならぬことを伝える。さ…

続きを読む

今後のアップデートと完成が期待される、注目の製作途中フリーゲーム3選(2020年11月号)

trials_2020_11_01

日々、個性豊かな新作が誕生し続けているフリーゲーム。その中には完成品に限らず、現在製作途上のものもあり、公開後も都度実施されるアップデートで完成に向け、着々と進歩し続けている。 本記事では、そんな製作途上のフリーゲームより注目の3本を紹介。 今月はRPG、アクション、ノベルの3ジャンルからそれぞれ注目作をピックアップ。どれも今後のアップデート、完成版の登場が期待されるタイトルだ。機会があればぜひ、…

続きを読む

ハイテンポ同時ターン制SRPG『ビジラテリス』何度も復活し、やり直して闇堕ち勇者を討て!

vigilatelices_01

戦略シミュレーション(ストラテジー)、シミュレーションRPG(SRPG)において定番のシステム「ターン制」。中でも「交互ターン制」と称される、自軍と敵軍それぞれの「フェイズ」こと、駒を動かす手番を交互に繰り返す枠組みは、ジャンル全体の象徴にすらなっている所がある。だが、中には特殊なターン制を採用したタイトルもある。著名な例では『タクティクスオウガ』(1995年:スーパーファミコン)の装備重量と敏捷…

続きを読む

それでも”上”を目指さないと。登山モチーフのホラーADV『色のない詩―ウタ―』

irononai_uta_01

森の中で目覚めた紅里(あかり)。 だが、傍にいたはずの妹・詩織(しおり)の姿がない。 森の奥へと行ってしまったのだろうか。 紅里は妹を探すため、その後を辿っていく。 例え疲れ果ててでも。 『色のない詩―ウタ―』は「第12回 WOLF RPGエディター コンテスト」(通称、ウディコン)応募作品のひとつで、Windows PC向け探索ホラーアドベンチャーゲーム。同じく探索ホラーアドベンチャーゲームの『…

続きを読む

揺るぎなき睡眠と伝説のRPG『眠れる勇者は目覚めない』ベッドは聖剣より強し。

nemureru_yusha_03

勇者。 それは勇敢なる者、そのような人物へと捧げられる称号。 今後偉業を成し遂げようとする期待を込め、称されることもある。 特にファンタジー世界の勇者と言えば、その印象が強い。 また、ファンタジー世界の勇者には”お約束”がある。 主要武器は剣、女神や精霊の加護による常人離れした力、集う仲間達、魔王討伐の最終目標などのことだ。現実世界から異世界へと呼び出された人物が勇者として祀り称えられることもその…

続きを読む

「東京ゲームショウ2020 オンライン」注目のインディーゲーム8選

tgs_2020onl_00

9月23日から27日の5日間(※23日はオンライン商談のみ)に渡って開催された「東京ゲームショウ(TGS2020)2020 オンライン」。2020年は新型コロナウィルスの感染拡大の影響から、千葉・幕張メッセでの現地開催が中止。史上初となるオンライン形式での開催になった。 インディーゲームも25日に実施された「センス・オブ・ワンダー ナイト」のイベントで様々なタイトルが紹介されたほか、個人や販売を請…

続きを読む

今後のアップデートと完成が期待される、注目の製作途中フリーゲーム3選(2020年10月号)

trials_2020_10_01

日々、個性豊かな新作が誕生し続けているフリーゲーム。その中には完成品に限らず、現在製作途上のものもあり、公開後も都度実施されるアップデートで完成に向け、着々と進歩し続けている。 本記事では、そんな製作途上のフリーゲームより注目の3本を紹介。 今月はRPG、ノベル+シミュレーションRPG、そしてシューティングの3ジャンルから注目作をピックアップ。どれも今後のアップデート、完成版の登場が期待されるタイ…

続きを読む

『細胞神曲』それは全体験が細胞レベルで刻み込まれる長編探索ADVである。

saibou_sinkyoku_01

地獄篇(インフェルノ)、煉獄篇(プルガトリオ)、天国篇(パラディーゾ)の全3部から構成される「神曲(La Divina Commedia)」は、イタリアの詩人ダンテ・アリギエーリの代表作にして、長編叙事詩として名高い。 同作は後世の芸術に文学、さらには映画やアニメ、ゲームなどにも絶大な影響を及ぼしており、それをモチーフにした作品が数多く誕生している。 そしてここにも『神曲』をモチーフとしたWind…

続きを読む