Posts Tagged: この筆者(シェループ)が書いた他の記事を読む

遺跡考古学探索アクションゲーム『LA-MULANA』待望の続編、『LA-MULANA 2』配信開始

la-mulana-2-1

7月31日午前2時(※日本時間)より、遺跡考古学探索アクションゲーム『LA-MULANA(ラ・ムラーナ)』の続編、『LA-MULANA2(ラ・ムラーナ2)』がSteam、PLAYISM、GOG、Humble Storeにて販売を開始した。プラットフォームはPC(Windows、Mac)。 『LA-MULANA(ラ・ムラーナ)』は、個人のホームページ上でMSXのオマージュ作品を多く輩出していた”なら…

続きを読む

ロックマンファンの作り出したローグライク・アクションゲーム『20XX』 コンシューマ版配信開始

20xx-console-6

本日よりPlayStation 4、Nintendo Switchにおいて、ローグライク・アクションゲーム『20XX』の配信が始まった。価格はいずれも1980円(税込)。Xbox One版は1日遅れの7月11日より配信開始となる。日本語ローカライズと販売は『Salt and Sanctuary』、『Graceful Explosion Machine』と言ったインディーゲームの日本語版に携わってい…

続きを読む

台湾産ホラーアドベンチャー『返校 -Detention-』 歴史の闇を映し出す、恐ろしくも心に残るストーリー

image4

何を今更な話だが、恐怖(ホラー)を題材とした作品は怖い。耐性のない人が見れば心に重篤なトラウマが植え付けられ、生涯忘れられない記憶になり得る一種の劇物だ。だが、ストーリーには魅力的なドラマや設定が隠されていることが多く、その面白さから名作として評価されている作品は多い。それ見たさに作品を楽しむ人も少なからず存在するほどだ。     今回紹介する『返校 -Detention-』もストーリーに大きな魅…

続きを読む

「TOKYO SANDBOX 2018」で見つけた注目のインディゲーム10選

image9

  4月14日・15日の二日間にかけて、インディーゲーム展示イベント「TOKYO SANDBOX 2018」が開催された。 ゲーム開発者と投資家・パブリッシャ―を結びつけるイベントとして、2015年に開催された「東京インディーフェス」より数えて今回で3回目の開催となる。今年は昨年までの秋葉原UDXから浅草橋フューリックホールへと会場を移し、のべ72組によるゲームの展示が行われ、会場内は様々なゲーム…

続きを読む

異世界転移したおっさんとショットガンは“伝説”になる。アクションアドベンチャー問題作『Shotgun Legend』

image9

現実世界に生きる人間が何らかのトラブルに巻き込まれ、剣と魔法のファンタジー世界に送り込まれてしまう「異世界転生(異世界転移)」の題材は昨今のみならず、過去においても漫画、アニメ、ゲームで扱われ、多種多様な名作・怪作が生まれた。 ただ大抵、異世界に送り込まれる人間というのは少年か少女。 中年男性……”おっさん”が送り込まれるケースは稀だ。     今回紹介する『Shotgun Legend』は、そん…

続きを読む

ヒーローの座を守るための過激な防衛戦!爆裂魂特盛の演出で送るアクションゲーム『Bleed 2』

image13

「ヒーローになりたい!」 「でも、昔のヒーローが今も現役だからなれない…。」 「そうだ!全員ぶっ殺しちゃえ!♪」     そんなオツムは残念だけど、戦闘能力は一級の少女「Wryn」によって21世紀のヒーロー達は肉片一つ残らず鏖殺され、彼女が22世紀を象徴する新しい暴君……もとい、”さいきょうのヒーロー”としてその頂点に立った。     だが、新たなヒーローが誕生すれば、その座を狙う挑戦者が現れるの…

続きを読む

”さいきょうのヒーロー”に憧れる「残念少女」の殺戮劇!? 問答無用の痛快アクション『Bleed』

20170704002305_1

西暦20XX年、超能力者、ドラゴン、ロボット、芋虫、果てはゲル状のなにかまでもがヒーローとして祀り称えられる黄金時代が到来した。 それから100年後の西暦21XX年。 かつてヒーローと称えられた者達は揃いも揃って堕落。世間も彼らの事を忘れるだけでなく、堕落後もヒーローとして居座り、過去の栄光にすがり続けているため、世代交代も進まずにあった。 ”さいきょうのヒーロー”に憧れる少女「Wryn」は、まさ…

続きを読む

もし、アナタが真正のマゾであるなら、『Sundered』は極上の”くっころ”を味わえるイチオシのARPGだ。

image6

いきなりだが、今、この記事を読んでいるアナタに聞きたい。どちらの性癖をお持ちであろうか。相手の弱点を見つけると、思わずドツキたくなるサディスティック(S:サド)か。或いは感受的に痛めつけられることに快感を覚え、ビクビクしちゃうマゾヒスティック(M:マゾ)か。 もし後者、それも真正なるものをお持ちであると仰るのなら、今回紹介する『Sundered(サンダード)』はイチオシのアクションRPGだ。 本作…

続きを読む

もぐらゲームス執筆陣の選ぶ 2017年おすすめフリゲ・インディゲーム20選

image36

フリーゲーム・インディーゲームに関して様々なニュースが登場した2017年、みなさんはどんなゲームをプレイしただろうか? 2018年が明けてまだ間もないこの時期、これから遊ぶゲームを探し始めている人もいることだろう。今回は、そんな読者の方々に向けて、もぐらゲームスの執筆陣の6名が、2017年にプレイしたゲームの中で特におすすめできるフリーゲーム・インディーゲーム20作品を一挙特集する。 各執筆者が2…

続きを読む

推定300体以上のエイリアンを一機の戦闘機で返り討ちにする、オシャレな”ばくれつ”シューティング『Graceful Explosion Machine』

image8

  『Graceful Explosion Machine(グレイスフル エクスプロージョン マシーン)』は、カナダのインディーデベロッパー「Vertex pop」開発によるシューティングゲーム。2017年4月6日、北米でNintendo Switch向けダウンロードソフトとして発売された。 日本では7月28日、インクを撒き散らすイカが再臨して間もない時期に発売。その二週間後の8月9日にはPlay…

続きを読む