Posts Tagged: この筆者(シェループ)が書いた他の記事を読む

デジゲー博2017で見つけたイチオシの同人・インディゲーム11選

image36

2017年11月12日、同人・インディーゲームの頒布イベント「デジゲー博」が東京・秋葉原UDXにて開催された。 今回で開催5回目を数え、毎年恒例となりつつある本イベントだが、これまでと変わらぬ大きな賑わいを見せていた。もぐらゲームスでは昨年に引き続き、デジゲー博での取材を行った。   今年は秋葉原UDX2階の「AKIBA SQUARE」のみならず、4階の「UDXギャラリー」にも会場を拡大しての開催…

続きを読む

「東京ゲームショウ2017」注目のインディー作品8選

image8

9月21日から24日にかけて開催された「東京ゲームショウ2017」では、今年もインディーゲームコーナーが開設され、国内外から多様な作品が出展された。また、インディーゲームコーナー以外でもインディー発のタイトルを見かけることができた。 今回は、東京ゲームショウで本誌が注目したインディータイトル8作品をご紹介する。諸事情により掲載が遅くなってしまったが、さまざまなジャンルの作品をピックアップしたので、…

続きを読む

悪の魔導師に支配された異世界を救え!ファミコン風探索型魔法アクションゲーム『Alwa’s Awakening』

image7

異世界転生……現代社会で生きる平凡な少年、青年が何らかのきっかけでそちらに召喚され、魔王の脅威に仲間と共に立ち向かうなどする、古くから漫画、小説、アニメなどで親しまれてきた題材だ。昨今もそのような作品は数多く誕生しており、異世界に無い武器片手に無双したり、仲間の問題児っぷりに翻弄される日々を送ったり、幾多の死と蘇りに苛まれたり、逆に現代側に来た住民達を食事でもてなしたりと言った独自のアプローチを行…

続きを読む

“女性野球選手VSエイリアン” 地球存亡をかけた壮絶なる死闘がここに!?ご意見無用・突っ込み上等の破天荒アクション『Aliens Go Home Run』

image20

圧倒的な点差からの大逆転に激しい延長戦、通算68本塁打という新記録が叩き出されるなど、夏の風物詩である甲子園は、今年も熱狂の末に幕を下ろした。そんな甲子園から半年以上も前、ある女性の野球選手が地球存亡をかけた戦いに身を投じていたのをご存じだろうか。今回紹介するのは、そんな女性野球選手の死闘の軌跡を綴った『Aliens Go Home Run』である。 全ての始まりは、ある快晴の日。 街外れのグラウ…

続きを読む

夫婦と猫二匹が生み出した『Salt and Sanctuary』は、高難易度アクションRPGの入門に適した傑作

image5

昨今のアクションRPGでは、高難易度を売りとする作品もジャンルの顔として存在感を示すようになった。いわずと知れたフロム・ソフトウェア制作の『デモンズソウル』、『ダークソウル』に代表されるソウルシリーズのヒットによるものだ。 同シリーズの人気は海外でも高く、その難易度とゲームシステムに影響を受けたインディー作品も幾つか誕生している。当もぐらゲームスでもレビューを掲載している『Momodora: 月下…

続きを読む

“純血種”ながらも軽快操作な魔界アクションゲーム『マルディタカスティーラ』

image6

1980年代初期から終わりにかけ、アーケードゲーム市場では数多くの手ごわい横スクロールアクションの名作が生まれた。 だが、時代はパズル、対戦格闘に傾倒していき、横スクロールアクションの新作は減少。気づいた頃には、その存在自体が過去の遺産となってしまった。 当時、その手のゲームに魅了されたスペイン在住の二人のプレイヤーは、新作が消え失せたことに不満を募らせていた。そして、しびれを切らした彼らはある日…

続きを読む

ギリシャ神話の女神が銀河を駆ける!?レースゲームじゃないようでレースゲームな怪作『The Next Penelope』

image9

ストイックさとスピード感を併せ持つレースゲームは昨今、縮小傾向にある。かつては『F-ZERO』、『WipEout』と言った作品が人気を博していたが、いずれも人気に陰りが現れ始めるなどして、新作が出なくなってしまった。 後者は先日、旧作三本をまとめたリマスタータイトル『WipEout Omega Collection』が販売され、シリーズは辛うじて存続しているが、前者に関しては停止状態にあり、主人公…

続きを読む

直球でお手軽、誰でも遊べるほんわか系ステルスアクション『まるとさんかく』

image12

敵の視界に入らないよう、隙をついて動き、目標を達成する。「かくれんぼ」という、伝統的な遊びから発展したステルスアクションゲームは、KONAMIより発売されたメタルギアシリーズを機にメジャーな存在となり、今日ではゲーム全体にアクセントを加える要素の一つにまで発展した。 しかし、「見つかったら最後」というシビアなルールとそれによる緊張感などから、ハードルの高い遊びという印象も根強く、人によって好みが大…

続きを読む

もしも90年代の有名シューティングゲームの機体が、他ゲームの敵と戦ったら…? 野心作『MoonStriker』を紹介

image12

時代と共にゲームは進化していく。キャラクターの表示数が増したり、色数が増えたり、演出が派手になったり。プレイヤーが操作するキャラクターもまた、進化と共に動きが多彩になったり、目を見張る攻撃を繰り出せるようになってきた。そんな進化の過程を追い続けて、こんな事を妄想したプレイヤーも少なからずいるかと思われる。 もし、このゲームで生まれたキャラクターが同じジャンルの別ゲームで主人公を務めたら、どんなこと…

続きを読む

「東京インディーフェス」で見つけた注目のゲーム7選

image5

5月14日に開催されたインディーゲームの展示イベント「東京インディーフェス」。東京サンドボックスという複合イベントのひとつとして開催されたこの催しは、1200人の参加者(一般公開日)が入場した盛況なイベントとなった。 今回もぐらゲームスでは、会場で遊べたインディーゲームの中から7つをピックアップ、面白さやポイントを紹介する。現在は開発中段階となっている作品もあるが、いずれも配信の予定があったり、海…

続きを読む