Posts Tagged: この筆者(シェループ)が書いた他の記事を読む

押し寄せるジレンマ!悩みの種てんこ盛りの戦略育成SRPG『NSStrategy』

ns_strategy_01

サファイアソフトより発売中のシミュレーションRPG(SRPG)制作ツール『SRPG Studio』。2015年の発売以降、同ツールを用いた多くのSRPG作品が作られ、注目を集めてきた。ツールの定型に沿った”正統派”、またの表現で”クラシック”なものが全体の比率としては高めだが、中には短編、同時ターン制などの変わったものも幾つか存在する。 そして、ここにもうひとつ、風変わりな1作が。 『NSStra…

続きを読む

制限時間付き無限&シャッフルダンジョンでの武器集め奮闘劇『Square Weapons Dungeon』

Square_wd_04

意気揚々とダンジョン攻略へとやってきた、最強の戦士「ドラゴンナイト」。あらゆる武器の扱いに慣れた彼の手にかかれば、どんなダンジョンもお茶の子さいさい! ……のはずだったのだが。 その日、やってきたダンジョンは身の気よだつ恐怖の「武器喰いダンジョン」。 入口に近づくと間もなく、持っていた最強装備はダンジョンに”喰われてしまった”。 さらに、離れゆく装備の後を追いかけようとしたドラゴンナイトは、お約束…

続きを読む

そしてメンダコは境界線を越える。懐かしの固定画面式STG『事象の地平メンダコ』

Mendako_01

シューティングゲームは1962年、マサチューセッツ工科大学の学生スティーブ・ラッセル氏が制作した『スペースウォー!』から始まったと言われる。 その頃のシューティングゲームは「固定画面シューティング」と称され、画面がスクロールせず、一画面内で戦闘が展開され、自機も左右以外動けない特徴があった。後にこの形式のシューティングゲームは『スペースインベーダー』という伝説の名作誕生によって大きな注目を集め、以…

続きを読む

究極進化を遂げた、巻き込まれ系武装少女が戦うアクションゲーム正統続編『疾風戦記フォースギア2』

Forcegear_2_01

2016年にフリーゲームとして配信された、カプコンの看板アクションゲーム『ロックマン』のオマージュ作品で、工夫を凝らした構成と難易度設定で遊び心地の違いを表現していた『疾風戦記フォースギア』。以降、同作は作中の登場キャラクターを主人公に据えた外伝作品が2つお披露目され、その内の1つ、本編とは異なる路線のアクションゲームである『疾風戦記フォースギア外伝 失われたカレーPlus』は、2018年の「ニコ…

続きを読む

序盤と終盤のギャップが際立つ、”ロックな”フリーACT『疾風戦記フォースギア』

Forcegear_01

あえて筆者自身のことを告白するならば。 私はカプコンより発売されているアクションゲーム『ロックマン』シリーズが好きな人間である。そんなロックマンは、2011年に起きた”とある出来事”をきっかけに、1本も新作が発売されなくなる氷河期に突入してしまった。 2020年の今になっては、シリーズ最新作の発売によって過去の出来事となったが、思い起こすだけでも、あの頃はシリーズ好きの人間にとっては地獄に等しかっ…

続きを読む

”狂い咲く”熾烈な戦闘が魅力の探索型アクションにして、東方Project二次創作作品『Touhou Luna Nights』

Touhou_Luna_011

『ファラオリバース』。 ©2018 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば製作委員会 『この素晴らしい世界に祝福を! 復活のベルディア』。 ©ATLUS ©SEGA All rights reserved. 『真・女神転生 SYNCHRONICITY PROLOGUE』。 これまで、オリジナルから著名な作品とのコラボも含めた様々な探索型アクションゲームを制作してきた個人ゲーム開発者のkr…

続きを読む

16年の時を経て大型アップデートを果たした全方位フリーSTG『WINGED GEAR NEW VERSION』

w_gear_nv01

新年を迎えて以降も、フリーゲームの新作はほぼ毎日ペースで「ふりーむ!」、「フリーゲーム夢現」と言った配信サイトにてお披露目され続けている。 しかし、フリーゲームに限った話ではないが、PC向けに作られたゲームは出したらそれで終わりとはならない。お披露目から数年が経過して以降も絶えず、修正を行ったり、中には一定期間を開け、大規模なアップデートを実施する例もある。作者に作品をより良くしたい思いが残り続け…

続きを読む

短時間で遊べて、やり応えも申し分ないフリーSRPG『事件譚シリーズ』

Jikentan_015

シミュレーションRPG(SRPG)というジャンルは長編のイメージが根強い。 1周クリアに40~50時間超過は当たり前、例えその半分以下でも、分岐、アイテム収集などのやり込み要素があって、全ての攻略を目指すとなれば、場合によっては10倍近い時間を費やすことにもなる。 何も家庭用機に限定された話ではない。インディー、フリーゲームにおいても同ジャンルには長編作品が目立つ。いかにこのジャンルにそのイメージ…

続きを読む

探索型”ラン&ガン”アクション『ROCKETRON』 銃火器とブースターを駆使して敵を撃て!

rocketron_03

西暦2049年。機械の身体と脳ディスクを持つ機械人類「サイバネ人」の星である「惑星メタナル28」において、「ゴゴー教団」による暴動が発生した。侵略メカに似せた身体を新造し、暴力による支配を推し進めようとする教団。銀河救援組織「アルゴ運送」の隊員でサイバネ銃士「B.L.A.M」は、飛行銃「ロケットマスケット」を駆使し、彼らに戦いを挑む。 目指すは教団の中枢部「ゴゴー神社」。 果たして、その先で彼を待…

続きを読む

もぐらゲームス執筆陣の選ぶ 2019年おすすめフリゲ・インディゲーム14選

recommend-2019-eyecatch

2010年代最後の年であるとともに、平成から新元号・令和へと移り変わった2019年。時代の節目となった1年、皆様はどのようなゲームと共に過ごされただろうか? 本稿では、もぐらゲームスの執筆陣が、2019年にプレイしたゲームの中で特におすすめできるフリーゲーム・インディーゲーム14作品を一挙特集する。 各執筆者が2019年に遊んだ中で「これは!」となった作品の数々を紹介していくので、気になった作品が…

続きを読む