Posts Tagged: この筆者(真野 崇)が書いた他の記事を読む

海底散歩に出かけよう。海のドット絵アドベンチャー『マインテルの弟』

mainteru-no-otouto-1

もうじき季節は夏本番。夏と言えば海水浴などの水を楽しむレジャーの季節だが、年々高まる気温、出歩く事も億劫な暑さの前には意志も霞むというもの。今回紹介する作品をプレイし終えた際に、筆者は自分が海はおろかプールですらもう年単位で行っておらず、水のレジャーからはトンと縁のない生活を送っていることに気がついてしまった。せめて心くらいは海へ…。 『マインテルの弟』はまさる星人氏が制作したアドベンチャーゲーム…

続きを読む

サイン・ウェーブの波に乗れ!新感覚波乗りアクション『Wavey The Rocket』

wavey-the-rocket-1

「波乗り」と聞いて思い浮かべるものと言えばまずは海でのサーフィンだろう。生憎と筆者にはサーフィンの経験は無いが、うねる波の中を器用にバランスをとりながら進むサーファー達のテクニックは見ていて見事なものだ。 今回はちょっと変わった「波乗り」が楽しめる『Wavey The Rocket』を紹介してみたい。『Wavey The Rocket』はUpper Room Gamesが制作した横スクロール方式の…

続きを読む

時を欺け。少女とネコの時間操作ステルスパズル『Timelie』

timelie-1

時は巻き戻せない。留めておくこともできない。時間というものは不可逆な存在である。しかしもしも、時間を巻き戻して悔やんだ何かをやり直したり、自分が望む時間を留めておくことができるのなら。本来どうにもならないものだからこそ、それを覆して自由にしたいという願いもまた尽きないものなのだろう。 『Timelie』はタイのインディースタジオUrnique Studioによるパズルゲーム。2016年にMicro…

続きを読む

蒼穹を貫く天槍となれ!超音速ドックファイトバトル『Jet Lancer』

jet-lancer-4

速度と重力の極限をせめぎ合いながら繰り広げられる戦闘機同士の空中戦「ドッグファイト」。それらは媒体を問わず様々なフィクションでも鮮烈に描かれ、大空という未知の領域や、戦闘機などのメカニック、あるいはそれを操るエース・パイロットと呼ばれる人々への憧憬を想起させてきた。筆者もそうしたドッグファイトの世界に魅了された人間のひとりであり、筆者の場合はとりわけ幼少のころに実兄の影響でプレイしたパソコン用のフ…

続きを読む

童話調アドベンチャー『クローネとはぐるまのしま』たいせつな ”いし”を さがす ものがたり。

couronne-1

スマートフォンを懐中時計の替わりにするようになってからというもの、すっかり装着する習慣が無くなってしまった腕時計。時計の歴史を紐解いていくと、水晶に電気を流すことで生まれる振動を利用したクォーツ式が現在の主流で、そのクォーツ式が普及する前にはゼンマイを手で巻いて動力としていた物が主だったという。時計の中の歯車が幾多も絡み合って時を刻む姿は精巧な工芸品としての美しさを携えており、時を忘れて見惚れてし…

続きを読む

にぎやかメイドさんはお布団が干したい!探索型短編RPG『さにーでいみそすーぷ』

sunny-day-miso-soup-1

メイドさん。男子たるもの一度は甲斐甲斐しくお世話されてみたいもの。そうした羨望はいつからか、電気街に出店しているメイドカフェに代表される「萌え」文化の王道へと収まるようになった。今回はそんなメイドさんにお世話される…のではなく、お世話する方になる作品を取り上げてみたい。 『さにーでいみそすーぷ』はノラ氏の制作による短編RPG。2020年1月7日よりRPGアツマール上にて公開されブラウザ上にてプレイ…

続きを読む

これぞ究極のマルチタスク!?前代未聞の「歩きスマホ」シミュレータ『Double Dodgers』

double-dodgers-3

人間、ふたつ以上のことを同時にやるのは難しい。思考が入れ違い、それにより動作は混線してミスを誘発してしまう。しかし難しいからこそある種の挑戦にもなるともいえる。ビデオゲームにおいても「内政」と「戦闘」を同時に行うリアルタイムストラテジーなど、要素を分解していくと複数の作業を同時にこなさせる構造となっている物に心当たりが出てくるだろう。 また、コンピュータにとっても、複数の処理を同時に実施していく「…

続きを読む

標識の中の小さな冒険。棒人間アクションパズル『The Pedestrian』

the-pedestrian-1

道路の脇にポールを立てるなどして取り付けられ、そこを通る通行者へ向けて交通ルールを掲示する「標識」。生活の身近な場所のいたるところにあるものなので、自動車の運転免許の講習中でもなければ強くは意識しないかもしれない。今回はそんな何気ない「標識」の見方が変わる作品を紹介したい。 『The Pedestrian』はアメリカ・オハイオ州に拠点を置く開発チームSkookum Artsの制作によるアクションパ…

続きを読む

つみあげて、てんへとのぼれ。揃えて消さない落ち物パズル『de:Ney』

de-ney-eyecatch

「のぼる」という行為は得てして苦しいものとして扱われる。例えば坂道や階段を上るだけでも平らな道を歩くよりも体力を使うものだ。ロッククライミングであれば岩の合間をぬって身体を持ち上げる為には腕力や脚力、強固なバランス感覚が必要になるし、ひとつ踏み外せば落下によって怪我もするし、何よりもせっかく進んだ道を後戻りさせられてしまう。それでも「のぼる」ことを止めようとしないのは、その苦しみの先にある物を求め…

続きを読む

おとめ座の女王はキュートでハード。ピクセルアートRPG『Virgo Versus The Zodiac』

virgo-versus-the-zodiac-10

夜の空に浮かぶ数多の星を線で結び、人や動物や神々の姿をそこへと見出す「星座」の世界。とりわけ古代ギリシャにおける星座にまつわる神話の数々は現代に至るまで語り継がれており、日常生活の中でもっとも身近な所にある「物語」のひとつといえる。創作においては、大ヒットした少年漫画『聖闘士星矢』を代表格に、星座の世界を下敷きとした更なる物語も生まれている。今回紹介するのもまた、そうした星座をモチーフとした作品だ…

続きを読む