Posts Categorized: アドベンチャー

失われた記憶を求めて、崩壊世界を巡る探索型ADV『瓦礫の魔女は。』 その先に待つは奇妙な人達と生ける屍、そして……狂気。

Gareki_02

ある日、教会の一室で記憶を失った女性が目を覚ました。 神父を名乗る男性の言いつけにより、外出を禁じられていた彼女だったが、好奇心に後押しされる形で一瞬の隙を突き、教会の外へと飛び出す。 その先に待っていたのは、生ける屍たちがはびこる光景。 彼女が知らぬ内に世界は崩壊していた。 何故、そのようなことになってしまったのか。 自分は記憶を失ってしまったのか。 そもそも、自分は何者なのか。 彼女は真実を知…

続きを読む

少年の葛藤と願望、そして成長をアーケードゲームを通して描く異色のADV『198X』

198X_03

時は198X年。寂れた郊外で暮らすティーンエイジャーの「キッド」は、家族の悩み事などから憂鬱な日々を送っていた。 今の生活からすぐにでも抜け出したい。そんな思いを募らせながら夜道を歩いていた彼は、地元にある一軒のゲームセンターを発見する。中に入ると、そこには色取りどりのゲームが動く筐体が並んでいた。 試しにコインを入れたその先に待っていたのは、見たこともない宇宙空間で戦闘機を操縦し、異星人の軍勢と…

続きを読む

日本をよく知らないナンシーが作った和風ホラーゲーム『怖い人形が出る kowai』それは怖くないです。

shiranancy_02

とある古びた日本家屋。「ハナ」、「アン」、「シュウ」、「カゲ」の四人が肝臓検査に訪れた。すると間もなく玄関が閉まり、外に出られなくなってしまった。脱出するため、四人は中を探索するが、ハナ以外の三人が姿を消してしまう。消えた仲間達を見つけ、真相を突き止めるべく、ハナはただ一人、家屋内を奔走する。 果たして、その先に何が待つのか。 『怖い人形が出る kowai』は、アメリカはカリフォルニア州在住の女性…

続きを読む

コックピット・アドベンチャー『Nauticrawl』謎のメカを操縦し、未知の惑星から脱出せよ

nauticrawl-3

乗り物の操縦席を示す言葉である「コックピット」の語源は「軍鶏(cock)」の「囲い(pit)」、すなわち闘鶏場やそこで使われる籠からきているという。人ひとりが辛うじて身動きできる程度の狭い空間に押し込められ、複雑怪奇な機器や装置を相手にバタバタと悪戦苦闘するさまは、なるほど確かに暴れる軍鶏の仕草のそれと合致する。 乗り物を思い通りに動かすという行為は、時としてそれ自体がひとつの闘いともなりうるもの…

続きを読む

謎の港町を歩む果てに私立探偵は闇を知る。フィルムノワール風短編ADV『ブレスコントロールノワール』

breathcontrol_03

ある新月の晩。古びたアパートに暮らす私立探偵「デヴィッド」のもとに一本の電話が入った。声の主は「ランドルフ・ケーン」。メディア業界で名の知れた大富豪である。 ランドルフはデヴィッドに失踪した娘「フィリス」を探して欲しいと依頼した。直接会って打ち合わせをしたいとの申し出もあり、デヴィッドは真夜中に車を走らせ、ランドルフの待つ屋敷へと向かった。 だがその道中、デヴィッドは交通事故を起こしてしまう。事故…

続きを読む

勇者、絶対さ許さん!復讐してける!そげえ血が見てえなら見せちやる!ゴブリンねぶりなすな!ゲームブック風アドベンチャーRPG『ゴブガリ』

gobugari_01

ゴブリン。言わずと知れた、ヨーロッパの民間伝承に登場する伝説の生物で、邪悪な意志を持った小人。文献によっては意地悪な妖精などとも例えられ、主に剣と魔法のファンタジー世界を題材にした作品では、最弱モンスターの象徴とされる。 だが、独自の言語体系を持ち、部族社会を形成していたり、残忍な手口を好むなど、決して無力なほど弱い訳ではない。「小鬼」とも呼称される通り、その内面は鬼畜であり、決して弱いからと言っ…

続きを読む

音”だけ”で綴られる、夢を追う旅。朗読劇アドベンチャー『SOUND JOURNEY DREAM SEEKER』

sound-journey-dream-seeker-1

いつからか、眠った時に夢を見ることがめっきりと少なくなった。最後に夢を見たのはいつだっただろうか。そしてそれはどんな内容だっただろうか。夢を見ること自体を夢のようにして、喧騒の日々は夢を見るだけの蓄えを削いでいく。 『SOUND JOURNEY DREAM SEEKER』は「夢の中」を題材とした、鳥野彫像氏の制作による朗読劇アドベンチャーゲーム。2019年6月15日より配信が開始されており、公式W…

続きを読む

もし、アナタが言葉攻めに快感を覚えるマゾなら、『Follow me, please』は美少女アンドロイドによる罵倒の嵐を味わえるイチオシのSF短編脱出ADVだ。

f_l_ple01

2018年2月4日、筆者は真正のマゾ(M)な人におすすめしたいゲームとして、PlayStation 4、PC(Steam)、後にXbox OneとNintendo Switchでも発売されちゃった、超絶怒涛のアクションRPG『Sundered(サンダード)』を紹介した。 だが、物理的な攻めより、汚い言葉で罵倒される精神的な攻めを好むマゾの人も少なからずいらっしゃるはずだ。より極めたタイプで、美少女…

続きを読む

永遠に繰り返される場所と共に「私」は……。不思議で不気味な脱出ゲーム『CONANROOM』。

conanroom_01

廃れた集合住宅で同棲する青年の「私」と売れない絵描きの「彼」。 「私」は「彼」を養うべく、仕事漬けになった。 それでも「私」と「彼」は幸せな日々を送っていた。 だが、「私」が仕事に行っている間、それは起きた。 『CONANROOM』は、当もぐらゲームスにもレビューを掲載している探索型ロールプレイングゲーム『ヨルダケ』の作者でイラストレーターでもある、じゃむさんっぽいど氏制作による脱出ゲーム。同作に…

続きを読む

小さな村でみんなとかくれんぼ。愉快なキャラクター、多彩なリアクションが魅力の短編箱庭アドベンチャー『ちょっとび!』

chottobi_07

「ちみっこ」と呼ばれる、動物のようで人間のような不思議な生き物が住む小さな村。 主人公の「ココ」は、目つきが悪い「あんちゃん」、大人しい「にいちゃん」のニワトリ兄弟と一緒に暮らしているヒヨコの女の子。いつものように朝起きると、家の外から近所に住む猫の男の子「ピーにゃん」が呼びかけてきた。 そして、他の四人の友達と揃って、かくれんぼをすることに。 じゃんけんの末、オニ役になったココは、ピーにゃんを始…

続きを読む