Posts Categorized: アドベンチャー

部活の帰り道、巻き込まれました。ロックに生きて逃げよう。短編ADV『ココの闘書録』

koko_01

これより紹介する『ココの闘書録』は、その名の通りに「ココ」と呼ばれる女子高生が主人公のゲームである。キャッチコピーは「ロックに生きろ」。 つまりはエレクトリックギターを持ち、熱狂的な人生を送れ、ということかと想像したかもしれないが……まあ、大体正しかったりする。詳しくは後述する。 その前に本作の概略諸々。PC(Windows)向けフリーゲームで、2020年7月26日に「ふりーむ!」、「フリーゲーム…

続きを読む

追加要素有りのNintendo Switch版も登場した、4つの不思議世界を巡る謎解きADV『テトラ ワールドアドベンチャー』

tetra_01

ある日、迷い込んだ裏路地。 そこには、4つの世界へ繋がる扉があった。 冒険家のアナタは扉を潜り、世界を旅する。 その果てに何を見つけることができるのだろうか。 『TETRA』、またの名を『テトラ ワールドアドベンチャー』は2019年2月11日、スマートフォン・タブレット用無料アプリとしてリリースされた謎解きアドベンチャーゲーム。『スライドプリンセス』、『インコ脱出』、『ルルロロおさんぽパズル』と言…

続きを読む

ぶっ壊せトコロザワ!?衝撃の世界観と多彩なイベントで送る探索ADV『こちら、悪の組織Bag closure団』

bag_closure_01

その昔、埼玉県民は東京都民からそれはそれはひどい迫害を受けていた。 通行手形がないと東京に出入りすらできず、 手形を持っていない者は見つかると強制送還されるため、 埼玉県民は自分たちを解放してくれる救世主の出現を切に願っていた。 こんなあらすじと共に始まるのが、かの有名な埼玉県ディス漫画『翔んで埼玉』である。2018年には何を血迷ったか実写映画化されてしまった。傑作です。 そんな埼玉県をネタにした…

続きを読む

サイコロが全てを決する、お手軽ゲームブック風アドベンチャーRPG『鉛の魔女』

namari_majo_01

読者の選択次第で物語、結末が変化する仕掛けを施した遊べる本こと「ゲームブック」。ロールプレイングゲーム(RPG)とアドベンチャーゲーム(ADV)双方の要素を持ち合わせたそれは、1980年代に大きなブームを呼んだ。だが、家庭用ゲーム機の隆盛と共に1990年代以降、下火に。近年は過去作の散発的な復刊が行われているものの、当時ほどの勢いはない。 しかし、読者に語り掛ける2人称を用いた文体などの特徴から、…

続きを読む

海底散歩に出かけよう。海のドット絵アドベンチャー『マインテルの弟』

mainteru-no-otouto-1

もうじき季節は夏本番。夏と言えば海水浴などの水を楽しむレジャーの季節だが、年々高まる気温、出歩く事も億劫な暑さの前には意志も霞むというもの。今回紹介する作品をプレイし終えた際に、筆者は自分が海はおろかプールですらもう年単位で行っておらず、水のレジャーからはトンと縁のない生活を送っていることに気がついてしまった。せめて心くらいは海へ…。 『マインテルの弟』はまさる星人氏が制作したアドベンチャーゲーム…

続きを読む

剣が刺さってる男を救えるのは一度だけ。二度目は……ない。

kensasa_01

最初に言っておく! 剣が刺さってる男を救えるのは一度だけ。 大事なことなので、もう一度言っておく。 剣が刺さってる男を救えるのは一度だけ。 たった一度きりのチャンスなのである。 二度目は……ない。 怪しいカジノを進め。剣が刺さってる男を助け出せ。 急になに!?……と困惑したかもしれないが、今回紹介するゲームのことだ。 その名も文字通りの『剣が刺さってる男を救えるのは一度だけ』! 2020年4月27…

続きを読む

罪人は5人の中の1人。理想と痛み飛び交う真相解明ADV『UTOPIACHE』

Utopiache_03

目を覚ますと、世界は壊れていた。 ある日、小都市「空居(うつろい)」は大規模な天災に見舞われる。 主人公・名取響(なとり ひびき)は帰宅途中、巻き込まれてしまうが、何者かによって救われ、崩壊した街を見渡せる謎の施設の中で目を覚ます。そこには救出された一般市民のほか、響を含む「戦士」と称された5人の男女がいた。 そんな彼らに突如、施設の主たる暮樹(くれき)は告げる。 「この中に罪人が紛れ込んでいる。…

続きを読む

少女と信号機の不思議な旅をあらゆる要素を駆使して描く、キオクを読み取るADV『アンリアルライフ』

unreallife_02

ある不思議な夜の街。 その交差点で「ハル」と呼ばれる少女が目を覚ます。 彼女は何らかの出来事が原因で記憶を失ってしまっていた。 そして、触った物の記憶を読み取る不思議な能力を持っていた。 ハルは交差点で出会った喋る信号機「195」と共に、自らの記憶に直接関係すると思われる「先生」を探し出すため、旅に出る。その先に何が待つのか。そして先生に近づくたび、少女の脳裏を過ぎる不穏な映像が意味するものとは。…

続きを読む

彼女の命運は”あなたの声”に託された!?衝撃の音声認識脱出ADV『声で導け!脱出のアリア』

Escape_Aria_01

人間の声をコンピュータに認識させ、文字列に変換させたり、その特徴に応じて固有の反応を返し、識別する”音声認識”の技術。昨今はパソコン、スマートフォンへの関連機能搭載などもあって急速に世の中へと普及した。ひと昔前はごく一部の言語などにしか反応しなかったのも、AI技術の発展もあり、本格的な対話が実現できるレベルにまで至りつつある。 そんな音声認識はゲームに採用された例も複数ある。中でも『ピカチュウげん…

続きを読む

謎多き遺跡を巡る、不思議で手ごわい短編パズルアドベンチャー『ガルーダの眼』

Garuda_02

とある見知らぬ遺跡。 そこで「ラク」と呼ばれる少年が目を覚ます。 そして間もなく、どこか懐かしさすら覚える何者かの声が響く。 「お前には、はたさねばならぬことがある」……と。 その声に導かれるがまま、ラクは遺跡の中を歩み始める。 その先に待ち構えるは数多くの謎めいた石板、石像の数々。 一体、この遺跡は何なのか。そして、”はたさねばならぬこと”とは? そんなオープニングストーリーと共に幕を開ける『ガ…

続きを読む