Posts Categorized: アドベンチャー

消耗し続けるステータスに抗い、森を脱しろ!緊迫のノベル型脱出ゲーム『精霊の森 Forest of Fate』

forest_of_fate_01

「今後のアップデートと完成が期待される、注目の制作途中フリーゲーム3選」の2020年11月号にてピックアップした、ノベル型脱出ゲーム『精霊の森 Forest of Fate』。 このたび、2021年2月23日に「完全版」として正式公開されるに至った。 そんな完全版のレビューを今回、単独記事として執筆したく思う。 読み進めるだけでも危機が迫る、スリル抜群のノベルゲーム 改めて本作、『精霊の森 For…

続きを読む

母のため、人類抹殺を目論む姉妹AIの物語。鮮烈なビジュアルと高い中毒性が光る探索ADV『天は長く地は久し』

ten_ha_nagaku_03

はるか未来。 生産都市「ムラダーラ」で【ツモイ】と呼ばれる人工知能が製造された。 劣った人間を素材に造られた【ツモイ】はある日、【モモ】と【オク】と呼ばれる姉妹AIを自分のコアより生み出す。やがて生み出された姉妹は母の命を受け、街を支配し、住民の人間たちを虐殺し始めた。突然の事態に驚いた人間たちは人工知能を破壊しようと行動を起こすも、ムラダーラ全体を支配した彼女たちに全く歯が立たず、最終的にひとり…

続きを読む

これは屋敷に集う”2人”と”迷い子”の物語。ミステリーホラーADV『迷い子たちのララバイ』

mayoigo_03

探偵事務所を営む「砥上弦(とがみ げん)」は、女子高生で唯一の親族「来海沢光(くるみざわ ひかる)」と共に暮らし、その面倒を見ながら日々を送っていた。 ある日、事務所に一通の手紙が届く。 その内容は探し物の依頼だった。 差出人の住所は×県の「八木沢村(やぎさわむら)」。 約30年前、住人と招待客が全員死亡、行方不明になる謎の火災事件が起きた神代(かみしろ)一族の屋敷がある、都心から離れた村だった。…

続きを読む

VRをよく知らないヤンキーが作ったガチ系ホラーVR『カッパがマジやべえVR』きゅうりがマジ怖い

shirayankee_02

つい先ほどまで、コンビニの前でアメリカンドッグとチーズフォンデュ……ではなく、鮭茶漬けを食べていたヤンキーの「ヤン子」は何者かに背後から襲われ、眠らされてしまった。 気が付くと、そこは薄暗い地下の密室。その壁には…… おまえを 監禁(かんきん) した ここからは 出(で)られない ……と、親切に振り仮名付きのメッセージが貼られていた。 ありがたいけどナメてんじゃねえぞとガチギレのヤン子は、謎の地下…

続きを読む

死闘を題材にしたゲーム2作を開発したインディースタジオが送る、魂の救済を描く異色のADV『Spiritfarer』

spiritfarer_03

非業の死を遂げたヴァイキングの女戦士となり、ヴァルハラの戦士の館に入る資格を取り戻すため、途方もない試練へと挑むアクションアドベンチャーゲーム『Jotun: Valhalla Edition(※邦題:ヨトゥン ヴァルハラ版)』。 「抵抗せよ、あるいは受け入れよ」。 放浪の戦士「エシ」となり、呪われた運命を振り払うため、旧世界の廃墟を舞台に異形の存在との死闘に挑む探索型アクションRPG『Sunder…

続きを読む

お祭り前日の小さな町の日常とお手伝い奮闘記を描くファンタジーADV『ラシュイットリーテ』

rashuytliete_01

王国辺境の町「ラシュイット」。 間もなくこの町では、百年に一度の大きなお祭りが開かれる。 珍しいお祭りだけあって、宿屋の予約はどこも満室。 商店街も最大の稼ぎ時に向け、大忙しになっている。 しかし、これからが準備の本番を迎える所も存在していた。 町長の子供である主人公は、町の人々、外からやってきた人達と協力しながら、準備本番を迎える所の手伝いに従事することになる。 果たして、お祭り当日までに役割を…

続きを読む

小さな島の”いつもじゃない日”を描いたおはなしアドベンチャー『ちょっとび! ~ ココとゆめのたびびと ~』

chottobi_coco_01

動物のようで人間のような不思議な生き物「ちみっこ」が住む小さな村で、子供たち数人がかくれんぼを楽しむ日常風景を綴った箱庭短編アドベンチャーゲーム『ちょっとび!』。 当もぐらゲームスでも2019年5月4日に取り上げた同作だが、その続編兼パワーアップ版が2020年8月9日、颯爽と登場した。 その名も『ちょっとび! ~ ココとゆめのたびびと ~』。 前作同様、Windows PC用のフリーゲームとして創…

続きを読む

不思議な街で突然の郵便配達。突然のヘンテコ住民たちとの出会い。短編ADV『ぐらすまち』

gurasumachi_01

ぐらすまち。 (無理矢理)漢字にすれば”暮らす街”? 日常を送るスローライフゲームかと連想しそうだが、『ぐらすまち』は「ちょっと変わったおつかいゲーム」である。公称です。 別の言い方で、横スクロールのアドベンチャーゲームとも言う。 2020年9月24日、Windows PC用フリーゲームとして「ふりーむ!」で公開。自らを”暇になったら活動するチーム”と名乗る「暇つぶし屋さん」こと、2人の個人ゲーム…

続きを読む

『When the Past was Around』それはある女性の愛と喜び、挫折と傷心を描いたポイント&クリックADV

wtpwa_01

20代前半の女性「エッダ」。 彼女は同じ年頃の人々のように、行き先を見失っていた。 夢を志すも、道に迷っていた。 愛と幸せを探すも、迷子になっていた。 フクロウ頭のその男性と出会うまでは。 男性は彼女の情熱を後押しした。 人との関わりに刺激を見出す支えになった。 そして、彼女に”傷心”という感情を教えた。 『When the Past was Around』は、インドネシア・スラバヤの独立系ゲーム…

続きを読む

貴方は全ての断片を拾い切れるか。自発的に謎を明かす姿勢が問われる骨太探索ADV『断片思想』

danpen_02

青くて黒い怪物たちに襲われ、罵倒される少女ヴィネア。 彼らを振り切るよう逃げ続けた彼女は、いつしか館の地下室で目覚める。 そこに住む”みんな”は、ヴィネアのことをよく知っている素振りを見せる。 だが、ヴィネアは”みんな”のことを少しも知らない。 そもそも、自分のことすら覚えていなかった。 やがて、ヴィネアの前に謎の少女が現れ、館に滞在し続けるためには何らかの”役割”を持たねばならぬことを伝える。さ…

続きを読む