フリゲRPG『ミリオンマジック!!』公開、ノベルゲーム『クラウンワークス虚実概論4章』DL販売開始など ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題はフリーゲームの新作RPGの公開など3本です。

RPG『ミリオンマジック!!』公開

million-magic-1 million-magic-2

エフ氏は15日、RPG『ミリオンマジック!!』をフリーゲームとして公開した。ふりーむ!にてダウンロード版およびブラウザー版、RPGアツマールにてブラウザー版が公開されており、ブラウザー版はPCのほかスマートフォンにも対応する。

勇者の末裔の少女ルゥとその仲間達が、300日後に降臨する魔王に備えて各地で修行していくという作品。錬金によるアイテム合成やスキルの習得などによりパーティを強化していく。ダンジョン探索や錬金などにより時間が経過していく仕組み。

スキルは基本的にパーティ共用で、各キャラクターごとのスロットの範囲で自由にセットして戦闘スタイルをカスタマイズ可能。戦闘では積極的な行動でゲージを溜めることで「エクストラターン」に突入し、敵の動きを封じたり専用スキル「エクストラブレイク」をパーティメンバーのうち1人だけ発動できたりといった効果を得られるシステムなどが特徴となっている。

ノベルゲーム『クラウンワークス虚実概論4章:記憶の書き換えを可能とするエングラムセルの人為的発火――あるいはヒュドラ』ダウンロード販売開始

clown-works-4th-1 clown-works-4th-2

同人サークルClosedCircleは15日、ノベルゲーム『クラウンワークス虚実概論4章:記憶の書き換えを可能とするエングラムセルの人為的発火――あるいはヒュドラ』のダウンロード販売を開始した。

『クラウンワークス虚実概論』は現代の架空の都市を舞台とし、オカルトと心理学、脳科学が混交したような独特の世界観が特徴の作品。伝奇やミステリーの要素も織り込まれたシナリオや、「魔述」と「理論武装」による戦いが繰り広げられるバトル要素も見どころとなっている。全6章予定の連作として、現在第4章までリリースされている。

クラウンワークス虚実概論4章:記憶の書き換えを可能とするエングラムセルの人為的発火――あるいはヒュドラ

クラウンワークス虚実概論4章:記憶の書き換えを可能とするエングラムセルの人為的発火――あるいはヒュドラ(ClosedCircle)
心に傷を負った人専用ノベルゲーム。武器は、本物の脳科学と虚構の魔述。

ランアクション×音楽ゲーム『Muse Dash』Steam・Nintendo Switch版リリース

muse-dash-steam

X.D. Network Inc.は20日、PeroPeroGames開発の音楽ゲーム『Muse Dash』のSteam版およびNintendo Switch版をリリースした。リリースから1週間はSteam版を20% OFF、Nintendo Switch版を10% OFFで購入可能。

横スクロール型のステージで、曲のリズムに合わせて敵を攻撃したり、ジャンプでトラップを回避していくというランアクションゲームとリズムゲームが融合したような作品。ポップで可愛らしいグラフィックも魅力で、アイテムを集めてキャラクターをアンロックしていく要素も特徴となっている。スマートフォン版(Android版 / iOS版)も昨年6月にリリースされており、Steam版ではプレイ状況を引き継ぐことが可能。

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
  • finalbeta-logo-icon-white

    中村友次郎(@finalbeta

    フリーゲームと同人ゲーム、日本ファルコム作品をこよなく愛するゲーム好き。システムに凝ったRPGをとくに好んでプレイします。
    過去に十数年ほど、窓の杜の連載記事「週末ゲーム」の編集と一部執筆を担当していました。