ノンフィールド・リソース管理系RPG『人類滅亡後のPinocchia』公開 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題はフリーゲームの新作公開など6本です。

RPG『人類滅亡後のPinocchia』公開

pinocchia-1 pinocchia-2 pinocchia-3

饗庭淵氏(喘葉の森)は8日、RPG『人類滅亡後のPinocchia(ピノキア)』をブラウザ対応のフリーゲームとして公開した。

主人公がアンドロイドを製造して仲間に加え、探索を進めていくというSF作品。探索中に入手できる文書などによって断片的にバックストーリーが語られていく。

探索はノンフィールド型で、30日という日数制限の中で探索や戦闘でさまざまな資源を入手し、新たなアンドロイドやアイテムを製造してパーティを強化しながら攻略を進めていくというリソース管理系のゲームとなっている。

ダンジョン探索RPG『カルエナダンジョン』ブラウザ版公開

karuena-browser

にほへ氏は13日、フリーゲームのダンジョン探索RPG『カルエナダンジョン』のブラウザ版を公開した。ダウンロード版は2月に公開されている(紹介記事)。

願いを叶えてくれる神様が居るというダンジョンの最深部である地下150階を目指し、敵を倒しながら進んでいく作品。戦闘は4人パーティによるターン制で、各キャラクターの行動はターンごとにランダム選出されたスキルを使う形となっており、プレイヤーは基本的にキャラクターの行動順のみを指定するというシステムが特徴。

行動順や敵の残りHPの数字、敵が状態異常にかかっているかどうかといったさまざまな条件で効果が変わる攻撃スキルや、次に使うスキルの効果を変えるスキル、行動済みの味方を対象にすると効果が上がる回復スキルなどが用意されており、効率良く敵を倒すための行動順を考えるなど、シンプルな操作で戦術性の高いバトルを楽しめる。

アクションゲーム『常世ノ塔』3rd trailerムービー公開

インディーゲーム開発サークル//commentoutは10日、開発中のアクションゲーム『常世ノ塔』(関連記事)の3rd trailerムービーを公開した。

『常世ノ塔』は、毎日サーバー上で自動生成される高難易度のステージをユーザー同士で競い合いながら踏破していく作品。14日~15日に開催されるインディーゲームイベント「TOKYO SANDBOX 2018」に出展予定。

『ファタモルガーナの館 -Another Episode-』新PV公開

ノベクタクルは13日、ノベルゲーム『ファタモルガーナの館 -Another Episode-』の新PVを公開した。

ノベルゲーム『ファタモルガーナの館』の外伝。本編で描かれなかった「魔女と青年の過去」を掘り下げたメインエピソードに加え、短編集などを収録している。初リリースは2015年で、5月18日にSteam配信が開始されることに伴い新PVが公開された。

ADV・ノベルゲームエンジン「ADV+++」バージョン3.0公開

adv-p3

YOX-Projectは10日、ADV・ノベルゲームエンジン「ADV+++」のバージョン3.0を公開した。

同日で初版リリースより15周年を迎えた老舗のエンジンで、Windows/Mac/Android/iOSに対応。Windows/Mac版は無償で利用でき、商用利用も可能。デベロッパーライセンスを購入することで質問・要望への優先的な対応が受けられるほか、Android版やiOS版を利用可能となる。

メジャーバージョンアップとなる3.0ではサンプルのテンプレートを統合し、1つの実行環境で全プラットフォーム向けの開発を行うスタイルを標準にしたとのこと。

RPGツクール向け音楽素材集「Future Steam Punk Collection Vol.2 Expanded Edition」発売

bitter sweet entertainmentは13日、音楽素材集「Future Steam Punk Collection Vol.2 Expanded Edition」をDLsite.comにて発売した。

RPGツクールMV/VX Ace向けの素材集として、スチームパンク調の世界感をベースに近未来をイメージした作品群。BGMを22トラック収録している。


  • finalbeta-logo-icon-white

    中村友次郎(@finalbeta

    フリーゲームと同人ゲーム、日本ファルコム作品をこよなく愛するゲーム好き。システムに凝ったRPGをとくに好んでプレイします。
    過去に十数年ほど、窓の杜の連載記事「週末ゲーム」の編集と一部執筆を担当していました。