16年の時を経て大型アップデートを果たした全方位フリーSTG『WINGED GEAR NEW VERSION』

新年を迎えて以降も、フリーゲームの新作はほぼ毎日ペースで「ふりーむ!」、「フリーゲーム夢現」と言った配信サイトにてお披露目され続けている。 しかし、フリーゲームに限った話ではないが、PC向けに作られたゲームは出したらそれで終わりとはならない。お披露目から数年が経過して以降も絶えず、修正を行ったり、中には一定期間を開け、大規模なアップデートを実施する例もある。作者に作品をより良くしたい思いが残り続け…

続きを読む

探索型アクション『ケモミちゃんの旅』リリース、探索ADV『FunkyStoryMode mingling』チャプター0公開など ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題は探索型2Dアクションゲームの新作リリースなど6本です。 探索型2Dアクションゲーム『ケモミちゃんの旅~覚り少女と無垢人形~』リリース 同人サークル鳳仙花メザイアは3月7日、探索型2Dアクションゲーム『ケモミちゃんの旅~覚り少女と無垢人形~』をDLsiteにてリリース…

続きを読む

短時間で遊べて、やり応えも申し分ないフリーSRPG『事件譚シリーズ』

シミュレーションRPG(SRPG)というジャンルは長編のイメージが根強い。 1周クリアに40~50時間超過は当たり前、例えその半分以下でも、分岐、アイテム収集などのやり込み要素があって、全ての攻略を目指すとなれば、場合によっては10倍近い時間を費やすことにもなる。 何も家庭用機に限定された話ではない。インディー、フリーゲームにおいても同ジャンルには長編作品が目立つ。いかにこのジャンルにそのイメージ…

続きを読む

探索型”ラン&ガン”アクション『ROCKETRON』 銃火器とブースターを駆使して敵を撃て!

西暦2049年。機械の身体と脳ディスクを持つ機械人類「サイバネ人」の星である「惑星メタナル28」において、「ゴゴー教団」による暴動が発生した。侵略メカに似せた身体を新造し、暴力による支配を推し進めようとする教団。銀河救援組織「アルゴ運送」の隊員でサイバネ銃士「B.L.A.M」は、飛行銃「ロケットマスケット」を駆使し、彼らに戦いを挑む。 目指すは教団の中枢部「ゴゴー神社」。 果たして、その先で彼を待…

続きを読む

『千里の棋譜 ~現代将棋ミステリー~』 将棋400年の雄大なる歴史、そして棋士の魅力を余さず詰め込んだ推理アドベンチャー

【※本作は将棋を題材としたアドベンチャーゲームであり、将棋対局プレイができるものではありません。】 このような但し書きがされたゲームは、おそらく他に例がないだろう。 日本古来のボードゲーム・将棋のコンピュータゲームは1980年頃からあり、PC、家庭用ゲーム機、スマートフォンアプリなどで、数多くリリースされてきた。それらは当然ながら将棋の対戦、あるいは詰将棋と呼ばれるパズルを解くためのゲームだが、将…

続きを読む

弾幕アクションSTG『∀kashicverse』アーリーアクセス開始、弾幕STG『東方覚醒珠(※二次創作)』体験版Steam配信開始など ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題は開発中のシューティングゲームに関するものなど7本です。 2D弾幕SFアクションSTG『∀kashicverse -Malicious Wake-』Steam版アーリーアクセス開始 同人サークルエンドレスシラフは3月2日、2D弾幕SFアクションシューティングゲーム『∀…

続きを読む

ADV『千里の棋譜 ~現代将棋ミステリー~』発売など ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題はフリーゲームのコンシューマリメイク版の発売など2本です。 アドベンチャーゲーム『千里の棋譜 ~現代将棋ミステリー~』発売 ケムコは2月27日、アドベンチャーゲーム『千里の棋譜 ~現代将棋ミステリー~』を発売した。PS4/Nintendo Switch向けのパッケージ…

続きを読む

標識の中の小さな冒険。棒人間アクションパズル『The Pedestrian』

道路の脇にポールを立てるなどして取り付けられ、そこを通る通行者へ向けて交通ルールを掲示する「標識」。生活の身近な場所のいたるところにあるものなので、自動車の運転免許の講習中でもなければ強くは意識しないかもしれない。今回はそんな何気ない「標識」の見方が変わる作品を紹介したい。 『The Pedestrian』はアメリカ・オハイオ州に拠点を置く開発チームSkookum Artsの制作によるアクションパ…

続きを読む

3Dアクションアドベンチャー&リズムゲーム『ジラフとアンニカ』リリースなど ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題はインディーゲームの新作リリースなど3本です。 3Dアクションアドベンチャー&リズムゲーム『ジラフとアンニカ』リリース PLAYISMは2月18日、atelier mimina開発の3Dアクションアドベンチャー&リズムゲーム『ジラフとアンニカ』のPC版…

続きを読む

つみあげて、てんへとのぼれ。揃えて消さない落ち物パズル『de:Ney』

「のぼる」という行為は得てして苦しいものとして扱われる。例えば坂道や階段を上るだけでも平らな道を歩くよりも体力を使うものだ。ロッククライミングであれば岩の合間をぬって身体を持ち上げる為には腕力や脚力、強固なバランス感覚が必要になるし、ひとつ踏み外せば落下によって怪我もするし、何よりもせっかく進んだ道を後戻りさせられてしまう。それでも「のぼる」ことを止めようとしないのは、その苦しみの先にある物を求め…

続きを読む