Posts Tagged: この筆者(真野 崇)が書いた他の記事を読む

あの名作フリゲを題材にした作品も登場 「自作トレーディングカードゲームで遊ぶ会」参加レポート

自作トレーディングカードゲームで遊ぶ会

  自作ゲームの世界はコンピュータゲームのみにあらず。 もぐらゲームスでは、これまでにも数々のアナログゲーム・カードゲームの数々を特集してきた。 大喜利型カードゲーム『横暴編集長』。名作の「タイトル」を入れ替えて面白タイトルを作る話題作 関西最大級のアナログゲームイベント開催!「ゲームマーケット2015 大阪」体験レポート 「ゲームマーケット2014秋」直前!初心者にもおすすめのアナログゲーム特集…

続きを読む

デジゲー博で見つけたおすすめ同人・インディゲーム12選

デジゲー博

    2016年11月13日、同人・インディゲームの頒布イベントであるデジゲー博が東京にて開催された。本イベントは今年で4回目の開催となり、ブース数の増加や様々なVRゲームの出展など、前年に引き続いての活況が感じられたイベントとなった。 そこで今回、もぐらゲームスではデジゲー博で気になった同人・インディゲームを12作品紹介。既に配信されている作品や、今後リリースを予定している作品もあるため、気に…

続きを読む

「古代ゲルマン的未来」を描く槍投げアクションゲーム『Lichtspeer』 摩訶不思議な世界を戦いぬけ!

Lichtspeer

  「伝説の槍」と聞かれて思いつくものはなんだろうか? 主たるところでは、北欧神話の主神オーディンの武器「グングニル」や、ケルト神話の英雄クー・フーリンの持つ「ゲイ・ボルグ」などが挙げられるだろう。 グングニルは絶対必中かつ手元に戻ってくる、ゲイ・ボルグは穂先が30にも分裂して降り注ぐなど、いずれも槍を投げつけた際の逸話が存在している点が特徴のひとつといえる。 今回紹介する、ポーランドの開発スタジ…

続きを読む

白黒反転対戦シューティングゲーム『INVERSUS』 シンプル・イズ・ビューティフルな戦略性を堪能せよ!

image03

  Hypersect開発の『INVERSUS』(インバーサス)は、白と黒の逆位で構成されたフィールドの中で対戦する、見下ろし視点・固定画面・全方向攻撃タイプのシューティングゲーム(アリーナ・シューター)である。   SteamにてPC版が、PlayStation Networkにてクロスファンクション株式会社より日本語ローカライズされたPS4版が配信されている。 「シンプルかつ奥が深い」というの…

続きを読む

「ステージ1」のクリア後に待つものは…? フリゲアクション『ステージ1 コンプレックス』

ステージ1 コンプレックス

  導入部という物は、その作品がどのようなものであるのかを伝える上で大切なものだ。 とりわけゲームにおいては、操作方法やゲームのルールをプレイヤーに伝えるために「チュートリアル」を挿入したり、最初のステージで操作の段階を踏ませるような構成になっている場合がほとんどである。 今回はそんな「最初のステージ」にこだわった、IN氏制作による横スクロール型の2Dアクションゲーム『ステージ1 コンプレックス』…

続きを読む

”スタイリッシュ”にして”ガチンコ”。アクションゲームの信念を貫く一作『Furi』

『Furi』

  『Furi』(フリー)は、フランスのインディーゲームスタジオThe Game Bakersが開発したハイスピードSci-Fi剣劇アクションゲームで、STEAMと海外PlayStation4にて7月5日より配信中である。また、国内でもPlayStation Plusの8月のフリープレイタイトルとして8月3日より配信が開始された。 海外制作の作品ながら、日本語字幕および日本語吹き替えに完全対応して…

続きを読む